笑み社がブログを立ち上げたようです

2ちゃんねるのVIPでSSコテとして活動中の笑み社 ◆myeDGGRPNQのブログです。基本的に作品保管庫として機能していますが一日一回日記を書きます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

源しずかがいじめにあっているそうです

1 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:06:35.58 ID:HXZ95v+H0
朝。学校に行けば上履きがない。

―――慣れている。

昼。私の筆箱はゴミ箱に入っている。

―――もう慣れた。

夕。私の靴は隠されている。

―――もうそんなの、大した問題じゃない。


もっと問題なのは、あの人が優しさを無くしてしまったことだ。

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:08:33.62 ID:fX00Bsjt0
それなんていうefwww

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:10:33.19 ID:0kMCdn+70
tdkt

4 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:13:16.19 ID:HXZ95v+H0
学校に行くことが辛いと感じたのは、中学二年の6月のことだ。

クラスの不良。磯野カツオと中島博が私の体操服をトイレに詰まらせたことから始まったいじめ。
それが全ての幕開けのような気がする。
彼ら2人はいつも授業中、大声でその日の深夜徘徊の話をする。

『―――最強メンバーで集まってバイク乗らねえ!?』

馬鹿な中学生の典型的な会話。
結局は力のある人についていかなきゃ何も出来ない。
しかし、彼らはそれに気づかず、自分たちの力を誇示している。
その2人の会話に―――

『今日は野比も誘わねえ!?』

なんて提案をする、他のクラスの剛田武の姿があった。

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:13:23.94 ID:V4tfETtbO
しずか「カオリさんに言うし」

6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:16:10.03 ID:tT2UZLtw0
連続パンチラで武子ぷたー使えるくせに

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:16:10.20 ID:0kMCdn+70
かつお

8 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:16:59.72 ID:HXZ95v+H0
―――その名前を聞いたのは久しぶりだ。
小学校を卒業し、中学生になってからはずっと疎遠だったためか、私は彼のことが気になった。

―――聞けば、彼らは我が家の近くにあるセブンイレブンに集合するみたいだ。

時刻は9時。
考えてみれば、それほど深夜ではない。彼らにはこの時刻が限界なのだろう。

―――そうして、晩御飯を食べた後、私はそこに向かった。

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:18:31.36 ID:0kMCdn+70
もうちょい早く

10 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:20:36.54 ID:HXZ95v+H0
入り口付近に彼らはいた。

誰一人としてバイクは持っておらず、皆、そこには自転車で来たようだった。
サドルを目一杯下げ、バイクを気取ったセッティングだ。無論、荷台は曲げられており、これまた
バイクチックだ。
『―――かっこわる……』
声が漏れた。
最強メンバーとかいう言葉にも嫌悪を抱いたが、彼らの頭がここまで悪いとは思っていなかった。

そこに――彼はやってきた。

『あ、野比!!』
磯野が声を上げる。彼はそれに―――

『は? 黙れし。
 ドラえもんに言うよ』

と、不良ぶった。頭の悪い口調で返した。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:25:07.84 ID:ux1Wxo590
いじめにあっているようです
じゃなくて
いじめにあっているそうです
なんだな

12 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:25:28.02 ID:HXZ95v+H0
のび太が乗ってきたのは最新型のバイクだった。
私はその知識に精通していない為よくわからないが、磨き上げられた車体は確かにオーラを感じさせ
た。

―――暫くして、駐車場をグルグルとバイクが走り出した。

順番に、それはアトラクションか公園の遊具で遊ぶ子供を思い起こさせるものだ。

―――なんて幼稚。
呆れ返った私は、そこから立ち去ろうとした。

しかし―――

『おい源!! 来いよ!!!!!!!!!!!!!』

なんて、頭の悪い怒号が私を貫いた。

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:26:12.24 ID:CWz68e01O
本当はしずちゃん

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:27:34.75 ID:tT2UZLtw0
それは初期の呼び方じゃなかったっけ?

15 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:29:47.63 ID:HXZ95v+H0
『センコーに言うなよ!!』

わざわざ来てやったのに、言うことはそれだけ。
磯野カツオというのはそういう人間。
強者には媚を売り、弱者は蔑ろにする。
昔からそういう教育を受けてきたのか、それとも周りがそうさせたのか、彼はその基本理念から
行動してる。
……吐き気がする。
その理念を許容する仲間?
笑わせる。そんなものは仲間じゃない。

とどのつまり、それは仲間ではなくて―――

『利用されてる、只の豚だ』

ベットの中で、私は呟く。

―――それが始まり。
それが、私にとっての地獄のスタート地点だ。

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:32:53.75 ID:CWz68e01O
>>14
初期というか、本当はしずちゃんなんだけど、アニメ化した時に声優さんが「しずちゃんって言いにくい」って文句言ったからしずかちゃんになった

17 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:33:53.49 ID:HXZ95v+H0
翌日。学校に行くと、教室の黒板にアルコトが書いてあった。


『磯野カツオはセブンイレブンの駐車場でバイクに乗っている』

そう、大きな字で書いてあった。
その字の下には証拠写真。磯野がバイクにまたがり調子にのっている写真だ。
教室は騒然としていた。
こんなコトをする命知らずは誰なのか。
磯野が恐れられているのではない。
磯野のバックにいる、自称最強メンバーが、クラスの者を畏怖させていた。


『誰だよおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!』


職員室に呼ばれ、帰ってきた磯野は教室で叫んだ。

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:34:45.59 ID:pvHpS8vs0
DQNの糞さがよく分かるスレですね


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:34:47.65 ID:tT2UZLtw0
漫画の初期さ、あの絵柄から今の絵柄になって
呼び方も変わった気がしたんだけど
アニメだけだっけか

20 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:37:42.94 ID:HXZ95v+H0
―――そしてその日の放課後。私は生徒立ち入り禁止の屋上に呼び出された。

『おまえだろおおおおおおおお!!! 父さんに怒られるだおおおおおおおおお!!!!!』
日の光が反射して目が霞む。
しかし、この声ははっきりと聞こえる。
磯野の咆哮。
本当に子供だ。不良に成りきれないくせに不良を一生懸命気取ろうとする。
それがどうしようもなく滑稽に見え、私は頬が緩んだ。

『笑ってんじゃねえし』

その瞬間、なにかが私の頬を叩いた。
慣れてきた視界を上に上げるとそこには、かつての幼なじみの姿があった。

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:41:35.40 ID:XDYbrcHHO
笑み社さんのまとめサイトある??

22 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:42:22.13 ID:HXZ95v+H0
野比のび太。

彼は昔は本当に弱虫だった。
何かがあるごとにドラえもんに助けを求め、何も成長しない、そんな少年だった。
……それも以前の話。
今の彼は不良だ。
それも、磯野や中島とは違う。彼は本当に不良だ。

授業に出たのはこの入学から3回しかない。
それも入学一日目を最後にずっと屋上にいる。

―――先輩も彼をなんとかしない。
彼のコトは、教師ですら畏怖する。

圧倒的な力を持つ彼をバックに持つ磯野はにたりと笑う。

それで気が済んだのか、彼らは屋上から姿を消した。

23 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:48:15.46 ID:HXZ95v+H0
―――その次の日から、いじめは始まった。

体操服はトイレに詰まっている。
筆箱はゴミ箱に入っている。
上履きは体育館の裏に隠されている。
通学靴は学校の前の道路に落ちていた。

―――辛い。
誰も助けない。たすけてくれない。

「それも――そうか―――」

だって、私はアレを敵に回してしまったのだ。
野比のび太というのは、やはり敵に回すべきではなかったのだ。

上履きで家路につく。
その時―――

「最高です~」

磯野の甥、フグ田タラヲが公園で遊んでいた。

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:48:28.80 ID:U/XdO8dtO
レイプマダ-(^ω^)?

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:49:04.89 ID:psVJO/MN0
タラヲ死ね

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:50:16.89 ID:eyeK4k2fO
磯野家みんな死ね

27 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 14:51:07.46 ID:8owr6kz9O
タラヲは壱に喉笛砕かれて弐に首筋斬られて参にビードロで眉間刺されて死ね

28 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:51:59.72 ID:HXZ95v+H0
タラヲは軽度の障害を持っていると磯野が大声で言っていた。

タラヲは永遠に人に同調しない。
永遠に友人を作ろうとしない。
幼い頃に仲が良かったイクラやリカも、最近はタラヲの側にいない。きっと、アレがなにかしたの
だろう。

「まだ、生きてえ!! です~」

砂場のステージでヘッドバンキングをするタラヲ。
それをベンチに座って眺める。

すると―――
「タラちゃん!! そこの女!! うちのタラちゃんに近づいてんじゃあねええええええ!!」
なにか気がふれたような声と共に、タラヲの母親がやってきた。

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:52:47.65 ID:psVJO/MN0
 ビッチ
サザエ死ね

30 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 14:53:31.33 ID:8owr6kz9O
タラヲ障害者wwwwwwwwうぇwwwwwwww

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:53:39.37 ID:eyeK4k2fO
磯野家マジでみなおかしいのね

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:56:02.78 ID:tT2UZLtw0
日本の一般家庭がモデルだからな

33 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 14:56:16.61 ID:HXZ95v+H0
―――タラヲには父親がいない。

死んだわけではない。
獄中にいるのだ。

聞いた話によると、タラヲの父親であるマスオは女子中学生を強姦して逮捕されたらしい。
会社を解雇されているのを言い出せず、公園でブランコを漕いでいた時に目についた中学生を
襲い、殺してしまった。

―――懲役20年。
それから、あの一家は終わってしまったらしい。
気がふれた母。
障害を持っている子。

磯野も、大変なのだ。

―――それでも、私には関係ない。
彼の家庭がどうであろうと、それは言い訳にすらならない。

―――明日も、いじめがあるのだろう。

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:57:20.90 ID:w1pkNUFnO
マスオ…

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:57:22.58 ID:UrOwBYEm0
マスオさんなにやってんすかwwwwwwwwwwwwwwwwww

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 14:59:58.63 ID:VueBKQZ6O
なんかフラッシュであったよな

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:00:38.96 ID:lWYmBUDpO
支援

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:02:03.39 ID:Go0LoTNhO
早く早く

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:02:29.99 ID:psVJO/MN0
>>36
これ?
http://www.masutech.com/contents/flash/img/sazae.swf

40 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:03:48.94 ID:HXZ95v+H0
学校に行く。
今日は体育がある。
いつものように体操服が隠されているのだろうと不安に思うが―――
「ある……」
今日に限って、それは無事だった。
私は安心して着替える。
そして、私は久しぶりに体育を楽しんだ。

―――しかし、授業の終わりに地獄は待っていた。

「僕の制服がない……」

という、我がクラス一番の巨漢でありオタク『西原琢磨』の一言からそれは顔を出した。

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:05:00.11 ID:VueBKQZ6O
>>39
今ケータイだから確認できん
すまん

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:05:16.61 ID:eyeK4k2fO
誰や西原は

43 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:08:25.12 ID:HXZ95v+H0
「おいおい、どうしたんだよ」
中島と磯野が西原に寄る。
彼らは小学校時代から一緒だった為、交遊は少なくなったがまったく疎遠になっていない。
その西原の制服が紛失した。
それを案じる彼らがなんとなく普通の中学生に見えた。

―――五時間目の授業で使う教材をカバンから取り出そうとした時。

「―――!」
私のカバンに、本来なら在り得ないもの。『男物の制服』が入っていた。


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:11:19.53 ID:jyEB63+VO
オナマスwwww

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:11:34.39 ID:LW0U4mX50
前々から思ってたけど、こういう話って
なんでドラえもん×サザエの組み合わせが多いの?
世界観もあんまり似てないし見る層もちょっと違う
どっちも国民的に知られてるから?

46 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:14:07.77 ID:HXZ95v+H0
「あのさ、西原くん」
「え? なに?」
「これ、私のカバンに入ってたんだけど……」
「―――!!」

申し訳なさそうに西原に制服を渡す。
彼はどうして私が持っているのが理解出来ず、呆然としていた。
私は早く席に着きたかった。
こんなの、きっと誰かが―――

「おい源コラア!! 西原が困ってたの見えなかったかよ!!!」

後ろから、中島の声がした。
足が止まる。
これで判った。彼らの仕業だ。

「西原の制服盗みやがって!!! この変態がァ!!!!」
磯野も調子に乗る。
教室はシンと静まり返る。
その中で―――


「FUCK YOU」

という声が聞こえ、その瞬間に教室は私の敵となった。

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:15:18.59 ID:V/T4DroKO
>>1が見えない
多分笑み社かんん…

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:16:01.48 ID:eyeK4k2fO
>>47
前者

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:17:13.09 ID:d/FHN92ZO
なんかあれだねいやなんでもないや

50 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:18:13.29 ID:HXZ95v+H0
教室に現れ、私に罵声を浴びせたのは他ならない。剛田武だ。

彼は私の醜態を見る為にわざわざやってきたのだ。

「変態には変態的行為がいいんじゃね?」
磯野が声を上げる。
それに中島も賛同する。
誰かが教室の鍵を閉める。

「最強メンバーが源をレイプしまーす!!」

なんていう宣言と共に、磯野の手が私に伸びた。

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:18:48.42 ID:0RTN5fAW0
西原って琢磨って名前だったのか

52 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:19:34.56 ID:8owr6kz9O
中島とカツオもタラヲと一緒に工業用金属カッターで頭から削られて死ね

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:21:01.91 ID:d/FHN92ZO
スネ夫に期待するスレですね

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:21:57.90 ID:IbqBhODY0
もう何かパクリ多すぎてグダグダ

55 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:22:18.65 ID:HXZ95v+H0
「      」
「      」
「      」

私は汚れてしまった。
私を汚した者の中に、教師も入っていた。

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:22:59.50 ID:eyeK4k2fO
なんでやねんwwww

57 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:23:25.56 ID:HXZ95v+H0
少し休憩する。

>>75まで

58 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:24:02.79 ID:8owr6kz9O
遠いなあ

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:24:04.64 ID:Y3obi8660
それはもういじめを通りすぎとる

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:24:32.82 ID:psVJO/MN0


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:24:53.28 ID:VueBKQZ6O
誰かとめろwwwwwwwwww

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:25:03.15 ID:psVJO/MN0


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:25:32.12 ID:5RDBU5xZ0
ksk

64 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:25:58.04 ID:8owr6kz9O
ksk

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:25:59.42 ID:V4tfETtbO
過疎区

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:26:00.23 ID:pagghGt4O
なんで教師まで参加してるのか産業で

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:26:18.40 ID:oaWPhkm00
ksk

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:26:24.36 ID:QkcKcYMRO
うわあ・・・・・

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:26:53.15 ID:LW0U4mX50
なんつうか大体展開が読めてくるな・・・
もうちょっと自分の世界観ってのを表現してほしい
期待

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:27:18.21 ID:VueBKQZ6O
ksk

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:27:42.67 ID:psVJO/MN0
^p^

72 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:28:16.67 ID:8owr6kz9O
ksk

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:28:18.42 ID:psVJO/MN0


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:28:32.32 ID:WCyvDCfnO
>>10
山梨の人?

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:28:47.19 ID:XkMmygu40
ksk


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:30:07.99 ID:XDYbrcHHO
笑み社さんへ
      /⌒ヽ
      ( ^ω^)/ ̄/ ̄/
      ( 二二つ / と)
       |   /  /  /
       |    ̄| ̄ ̄

いつもばかやってけんかしたりするけど
      /⌒ヽ
      ( ^ω^)/ ̄/ ̄/
      ( 二二つ / と)
       |   /  /  /
       |    ̄| ̄ ̄


      /⌒ヽ
      ( ;ω;)/ ̄/ ̄/
      ( 二二つ / と)
       |   /  /  /
       |    ̄| ̄ ̄

x^5+ax^4-ax^3=y^5+ay^4-ay^3
を満たす相異なる実数x、yが存在しない⇔f(t)=t^5+at^4-at^3としたとき、f(t)が単調関数である


の理由教えて下さい…

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:31:07.68 ID:ISwsieVnO
制服のくだりとかまんまオナマス黒沢ですね

78 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:32:13.52 ID:HXZ95v+H0
―――親にも相談出来ない。

いじめという括りを遥かに超えたこの状況。
しかし、誰が救ってくれるのだろう。
彼らは中学生の不良らしく―――

『俺たち警察と仲いいし』

なんてことを言っている。
つまり、警察はなにもしない。
私が嘘を吐いているのか、それとも彼らの軽いイタズラで終わってしまう。
これでは袋小路だ。

……きっと、私にはなにも出来ない。
きっと、私にはこの状況を打破出来ない。
きっと、私は私を諦めてしまう。


「そんなのは――絶対に厭だ」

私はある決心をした。
あの人の力を借りよう、と。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:34:10.03 ID:XkMmygu40
wktk



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:34:31.44 ID:psVJO/MN0
どらえもーん・・はないな

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:35:44.90 ID:3oDDLLFhO
できすぎ君

82 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:36:13.02 ID:8owr6kz9O
スネオか出来過ぎ

83 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:36:26.27 ID:HXZ95v+H0
「―――ここね」

ここには彼がいる。
いつも優しかった彼が。
彼ならなんとかしてくれる。

―――出来杉さんなら、出来杉さんならきっとなんとかしてくれる。

「どうしたんだい? しずかちゃん。
 あがりなよ。話は中で聞く」
「ありがとう。おじゃまします」

―――私は小学校時代の友人である『出来杉英才』に助けを求めた。

彼なら、絶対に私を救ってくれると信じて。

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:37:03.94 ID:pvHpS8vs0
地雷っぽす

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:38:59.81 ID:acohB5VU0
     i:::::::::::::i:::::::;:::::::::::::::::::::::::/i:::::/ i::::::::::::::::::::::|
     |::::::::::::|:::::/::::::::::;:::::::::/ /:::/  i::::::i:::::::::::::i
     |:::::::::::|:::::i:::::::/::::/  /:::/   |::::|:::::::::::/
     ∨:::::::|::::|:::::イ:::/   /:::/    |::::|:::::::::/
      ∨:::::|:::| ̄ナナ=、  /::Zz=='"T:T|:::::::/    
      ∨:::|::|::ャ代戌ナ= // 弋戌テT:ァi::::::/   どうしたんだい? しずかちゃん。
       ∨:::i:i/ i/     /      i/./:::::/,_,,
       rヤ::::|i. !    /       /i::::::ハ Y 
      ,,イrヤ::::|ゝ.      i     / ,イ::::< .〉 .ト、
    rイ! レヤ:::|i .ゝ.   _ _     .イ.|:::/ ソ  ! ト‐、
>ー''フ/''|  | ヤi::| i .|\      // |::/ /    ト、 `ー、
   / i   i ャヤi j  > 、  //./  |:i /    | Y

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:40:07.48 ID:4SFCMuw9O
ただ鬱を書きたいだけだな
登場人物の行動に必然性がない

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:40:28.06 ID:psVJO/MN0
。  。。
         。ρ。      どうしたんだい? しずかちゃん。
         ρ         ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         mドピュッ
        C|.| /⌒⌒⌒ヽ/~ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      /⌒ヽ⌒ヽ___   |  ∴ヽ  3  )
     ./  _  ゝ___)(9     (` ´) )
    /  丿ヽ___,.───|彡ヽ ―◎-◎-|
    _/ )          (   Y ̄ ̄ ̄ ̄)
   (__/           \____/

88 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:43:12.15 ID:HXZ95v+H0
「そうか。君はそんなひどいことを……」
「……」
彼に全てを話すと、彼は優しく―――

「うん、僕がなんとかしてあげる。
 ―――だから、安心して、僕が君を守るから」

涙がこぼれた。
アノ日から、私に優しい言葉をかけてくれる人なんて一人もいなかった。
もとより私はそういうものには無縁だったから。
家族の中でも孤立していた私が今までこうして生きているのは偏に友人の存在だった。
それも崩壊しかけ、自我を失いそうになった私を立ち直らせてくれるのはやっぱりこの人だ。

「いいかい? 僕は今夜、磯野家に行ってくる。君も来るかい?」

その言葉に、小さく頷いた。

89 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:44:09.10 ID:8owr6kz9O
あー地雷だな

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:44:15.18 ID:psVJO/MN0
=========/ ̄ ̄ ̄ ̄\
======== (  人____) ハァハァ
======== |./  ー◎-◎-)
======== (6     (_ _) )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
======== | .∴ ノ  3 ノ  < いいかい? 僕は今夜、磯野家に行ってくる。君も来るかい?
=========ゝ       ノ    \_________
========/        \
=======(_ノヽ     ノ\_)
========= (  ⌒ヽ´
==========ヽ ヘ  )   ずんずんずんずん
==========ノノ `J

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:46:37.39 ID:acohB5VU0
     i:::::::::::::i:::::::;:::::::::::::::::::::::::/i:::::/ i::::::::::::::::::::::|
     |::::::::::::|:::::/::::::::::;:::::::::/ /:::/  i::::::i:::::::::::::i
     |:::::::::::|:::::i:::::::/::::/  /:::/   |::::|:::::::::::/
     ∨:::::::|::::|:::::イ:::/   /:::/    |::::|:::::::::/
      ∨:::::|:::| ̄ナナ=、  /::Zz=='"T:T|:::::::/    
      ∨:::|::|::ャ代戌ナ= // 弋戌テT:ァi::::::/   いいかい? 僕は今夜、磯野家に行ってくる。
       ∨:::i:i/ i/     /      i/./:::::/,_,,  君も来るかい?
       rヤ::::|i. !    /       /i::::::ハ Y 
      ,,イrヤ::::|ゝ.      i     / ,イ::::< .〉 .ト、
    rイ! レヤ:::|i .ゝ.   _ _     .イ.|:::/ ソ  ! ト‐、
>ー''フ/''|  | ヤi::| i .|\      // |::/ /    ト、 `ー、
   / i   i ャヤi j  > 、  //./  |:i /    | Y

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:47:30.74 ID:0RTN5fAW0
出木杉じゃなかった?

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:48:07.40 ID:acohB5VU0
それが何か

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:51:04.21 ID:/7TN8FMgO
わくてか

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:54:54.68 ID:Evt/ay2F0
がんばれ

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:56:07.96 ID:0kMCdn+70
>>90-91
www

97 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:56:20.83 ID:HXZ95v+H0
夜。私は磯野家の前にやってきた。

出来杉さんは彼らに話し合いを求めた。
磯野がそんなコトを了承する筈が無いと思ったが、案外あっさりと承諾した。

―――そうして、私たちは居間にいる。

「話は聞いている、というより知っている。
 うちのカツオが君を強姦したということだね?」

磯野の父親である波平が口を開いた。
きっと彼も磯野の悪行を知っているのだろう。
「はい、カツオ氏は彼女に性的な暴行を加え、彼女に多大な精神的ストレスを与えました。
これに関して保護者である波平氏に話がしたいのです」
「―――」
波平は答えない。
口を固く閉じ、目を瞑る。
その姿勢が格好いいと思っているのかは知らないが、彼は強姦者の父親だ。そんな姿勢をしていて
も格好よさなんて微塵もない。

「そうか。なら―――」
台所から磯野の母親が出てくる。
その手には、なにか菓子折りじみた箱が乗せられていた。
「なんのつもりですか? 僕らはお茶をするために来たんじゃありません」
「さよう。それは判っている。
 ―――現金1000万。これで勘弁してくれないか?」

98 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 15:57:25.63 ID:8owr6kz9O
ちょっと虎の会行ってくる

99 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 15:57:57.03 ID:HXZ95v+H0
箱が開くと、そこには札束が入っていた。
「これで、身を引けと?」
「さよう。他の子供たちの親とも話はついている」

―――これで、帰れというのか?
私がどれだけ辛かったか、この人たちには判るまい。
それを――この端金で飲み込めというのか―――

「ふざけないで――貴方の息子、いいえ。
 ―――貴方も最低のクズです!!」

札束を掴み、波平に力一杯ぶつけた。
波平の顔面は一気に紅潮し、大声を張り上げる。

「ばっかもん!! このアバスレが!!! 金で解決してやろうというワシの気持ちがわからん
のか!!!!!!」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:58:52.31 ID:psVJO/MN0
        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /はい、カツオ氏は彼女に性的な暴行を加え、
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <  彼女に多大な精神的ストレスを与えました。
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)   \ これに関して保護者である波平氏に話がしたいのです
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..    \_________
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:59:08.39 ID:JSdAHyZz0
流石にここまでとは

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 15:59:45.63 ID:eyeK4k2fO
なんとこのスレはアバスレだったのか!

103 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:01:58.24 ID:HXZ95v+H0
「―――!! アンタ!!」
さすがに出来杉さんも立ちあがる。
この発言は許容出来ない。許容しちゃいけない。

「だってそうじゃろう!! ワシの家族は無実じゃ!!」
「ふざけんな―――!!」
出来杉くんが拳を握り、波平を殴る。
それだけで波平は押し黙り―――
「殴ったな! 殴ったアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!!!」
台所から包丁を持ってきて、私たちに向けた。

「わ~い。なにしてるですか~」
その時。眠っていた筈のタラヲが、居間に現れた。

104 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:03:05.99 ID:8owr6kz9O
タラヲ死ねええええええええええええええええ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:09:02.98 ID:cDGge1uEO
教師お咎めナシ\(^O^)/

106 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:10:57.08 ID:HXZ95v+H0
「タラちゃん!!! てめえええええええええええええ!!!!!!!!!!!!! またあああ
ああああああこの女かあああああああああ!!!!!!!!! 死ねえええええええええ!!!」

母親がタラヲを追いかける。
そこで私が目についたのか、母親は私に呪いの言葉を浴びせた。
―――その刹那。

「―――あ」
母親が倒れ込み、その側には包丁を持った男がいた。

「ワ、ワシは悪くない……悪いのは――悪いのは―――あああああああああああああああああ
ああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」
波平は叫んだ。
自らの罪。
自らの罰。
それら全てを孕んだ叫びだった。

―――こんな事に意味なんて、ない。
私が求めているのは磯野カツオの誠意だけだ。
しかし、彼はこれで自滅していくことだろう。

今日、磯野カツオが帰ってきた時、彼はどんな叫び声をあげるのだろうか。

107 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:12:49.25 ID:HXZ95v+H0
休憩する

>>130まで


108 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:13:27.10 ID:8owr6kz9O
遠いぜ

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:14:05.44 ID:6KkbfNpqO
かそく

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:14:16.24 ID:6XGtzVSCO
遠すぎ

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:14:17.60 ID:/7TN8FMgO
ksk

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:14:27.27 ID:azxcrVol0
ksk

113 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:15:17.62 ID:8owr6kz9O
ksk

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:15:21.13 ID:2hIm2iynO
家族

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:16:16.40 ID:cDGge1uEO
なさか

116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:16:57.79 ID:trCHXTbo0
ksk


117 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:17:31.21 ID:8owr6kz9O
ksk

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:18:01.79 ID:cDGge1uEO
ksk

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:18:54.63 ID:T1AoU13C0
ksk

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:19:35.20 ID:/7TN8FMgO
かそく

121 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:20:23.35 ID:8owr6kz9O
ksk

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:21:57.16 ID:RIgLPWuy0
ksk

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:22:36.50 ID:psVJO/MN0
        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
       (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
    | =ロ   -=・=-  ∥ ∥ -=・=-   ロ===
    |:/ ∥    / /ノ  ヽ \     ∥ ヽ|ヽ        _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
   .(         .(●  ●)         )ノ   /
   (   ・     / :::::l l::: ::: \         .)  <  ―――!! アンタ!!
   (       // ̄ ̄ ̄ ̄\:\.       .)   \ 
   .\     : )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄ |::: ::::(:     /..    \_________
    \ :::   :::::::::\____/  ::::::::::   /
      ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_     ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: :: __/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄

124 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:23:08.23 ID:8owr6kz9O
ksk

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:23:50.82 ID:Vca8pF0VO
wktk

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:23:57.32 ID:Kf7uhWTU0
ksk

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:23:58.95 ID:cDGge1uEO
>>123 まさか英才さん・・・?

128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:24:37.97 ID:rSDkdMu8O
期待支援

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:25:05.78 ID:RIgLPWuy0
ksk

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:25:21.32 ID:trCHXTbo0
ksk

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:29:18.02 ID:RIgLPWuy0
ksk

132 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:29:35.00 ID:HXZ95v+H0
―――磯野家はその日のうちに一家心中をしたらしい。
無論、死者のなかには磯野カツオの姿もあり、磯野家は解体した。

「なんか、後味は悪いけどこれで終わりじゃないよね」
出来杉さんは次の標的である中島博に照準を合わせている。
「ええ。最後までやりましょう」

―――最後まで。
私を追いつめた者全てに罰を。

それは誰だったとしても構わない。
―――故に殺した。

剛田武という名前も知らない。
私の足下に転がっているのはなんでもない、タンパク質の塊だ。

―――そうして、私たちは一夜うちに四人の人間を殺し尽くした。

末路は知っている。
私たちはもう後戻り出来ない。

―――そんなコトも、判っている。

133 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:30:53.72 ID:8owr6kz9O
いよっしゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:31:04.87 ID:1Lq2f4m7O
めんどくさくなったろ?

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:31:13.03 ID:t2GNCgyF0
終わり?

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:31:35.98 ID:6XGtzVSCO
急展開だな
期待

137 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:37:13.13 ID:HXZ95v+H0
「まだ生きてえ!!」
「死にたくない」
「殺さないで」
「ごめんなさい」

呪詛のように、私の心を締め付ける。
それでも痛まない。
私が彼らにされたことは、そんなものではないから。
―――を赦さない。

なによりも赦せない存在。
それはずっと知っていた。

野比のび太を殺しても尚、アレはいる。

「君は実にバカだな――早くに気がつくべきだったのに―――」

青い、猫型ロボット。ドラえもんの存在が。

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:38:13.79 ID:8668/ONS0
ドラえ・・・・もん・・・・?


ドラえもん?

                                      ,/|ミ=、
                                     /  .|ミミミ|
                                    .|    |ミミミ|
                                  ,/|ミ|   |ミミミ|
                                ,/  |ミ|   |ミミミ|
                                  |    |ミ|   |ミミミ|
                                  |    |ミ|   |ミミミ|
                                  |    |ミ|    |ミミミ|
                                  |    |ミ|    |ミミミ|
                                  |    |ミ|    |ミミミ|
                               _,-'"|.   |ミ|   |ミミミ|
             _,. -'' " ̄~゙三=-_、_    _,.-'"   |.   |ミ|   !ミミミ|
          ,,.-''" r _、      三三タ_,.-''"      |   |ミ|  ,.彡ヾミ|
        /    i {ぃ}}       _ニ/        -=三|  」ミヒ彡彡イミヾ
       /,.、     `--"      ニl     -=ニ三=-''レ彡ミミr'"   |ミミミ|
       l {ゞ}    i        .ニl==三三ニ=''"   ,>'"|ミ|    |ミミミ|
      .l `" i_,,...-''|           ニ`=-=i'"       |   |ミl,..-=彡ヾミ|
     _,.-!    !  i         -ニ三三/         L.. -ニヾ|ヾ彡'='''"
      l´,.- l    \/        -ニ三三/        ヾ-‐''"
  _.  ! ri l\       __--三三三='"
  j'‘´l `´ | !  ` ミ三三三三三=''"
 i',.. '´}  | |
  l,.. r´   '´
   }


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:39:12.89 ID:tT2UZLtw0
        ∧ ∧
        ( ゚д゚ ) ニャーン
      ∧ ∧  ∧ ∧
      ( ゚д゚ ) ( ゚д゚ ) ニャーン
     ∧ ∧. |  | ∧ ∧
∧ ∧ ( ゚д゚ ) | | ( ゚д゚ ) ∧ ∧
( ゚д゚ ) \ <  | |   > / ( ゚д゚ ) ニャーン
  \ <___\.\∨/./ ____> /
   \__ ̄      ̄.__/
      ./  |l|  ヽ

140 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 16:45:13.53 ID:HXZ95v+H0
「ドラちゃん……」
「うん。のび太くんは殺されちゃったみたいだね。
 ―――まあ、当然だね」

暗いのび太の自室。
明かりなんて不要だ。今日は満月。明かりが必要ない程に明るい。
出来杉さんも押し黙る。
彼も判っているのだ。
目の前に対峙しているモノが、どれだけ強大なのか。
目の前で仁王立ちしているアレの恐ろしさを。
無論、私も理解している。
現代の科学で、彼に勝利することは不可能だ。
もとより彼は未来のロボットであり、その中でも一つ抜けた存在だ。

―――勝てない。
否、勝てる筈がない。

それでもどうしてか―――

―――コレを止めなくては、全てが終わってしまう気がする。

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:46:38.31 ID:8668/ONS0
ラスボス期待支援

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:49:54.33 ID:cDGge1uEO
俺のwktkに応えてくれ

143 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:50:38.91 ID:8owr6kz9O
ドラえもんは尻尾を引っ張るとシャットダウンするよ

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 16:51:25.78 ID:owKO6dHNO
笑みタン……。

145 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 16:55:45.08 ID:8owr6kz9O
ksk

146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:00:15.95 ID:/7TN8FMgO
マダ-

147 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 17:00:18.35 ID:HXZ95v+H0
「外野には退場してもらおうかな」

その言葉一つ。
たった一つで世界が反転した。
視界は暗くなり、何も見えなくなる。

―――なにかを殴る音。
悲鳴は聞こえない。否、なにも聞こえない。


「―――!!」
目を開けると、足下には出来杉英才の――が横たわっていた。


148 :ミスターマリック ◆/8Mr.Maric :2008/08/28(木) 17:00:20.67 ID:8owr6kz9O
ksk

149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:02:38.98 ID:cDGge1uEO
ドラえもんに性欲があったら今ので犯られてたな

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:05:08.04 ID:eyeK4k2fO
ドラの尻尾って一回ひっぱるとドラが透明になるはず

151 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 17:11:25.09 ID:HXZ95v+H0
「―――あ――あ」

嗚咽が漏れる。
何も出来ない。
私は無力。
いつだってそうだ。
役に立っているような顔をしていてもいつだって役立たずだ。
私は、本当に無力な存在だ。

「じゃあ、死ね」

「―――あ」
背中から蹂躙される。
なにか得体の知れないものが背中から全てを貫く。

死ぬ。死ぬ。死ぬ。死ぬ。
これこそ瞬獄。
これこそ地獄。

―――きっと、私の今までの行動は全てが無駄だったのだ。

―――それが、『私』だから。



152 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 17:14:54.92 ID:HXZ95v+H0
Epilogue

まるでごみのような人生だった。

本当に無価値で無意味な一生。

こんな私を求めた誰かを私は殺した。


―――果たして、誰が正しかったのだろうか。


源 し ず か が い じ め に あ っ て い る そ う で す
                               END



153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:15:26.43 ID:/7TN8FMgO


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:18:04.32 ID:A+L2Zr5o0
とりあえず・・
しずかがいじめられてるんだな

155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2008/08/28(木) 17:18:06.63 ID:tT2UZLtw0
バッドエンド


156 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2008/08/28(木) 17:18:54.76 ID:HXZ95v+H0
終わった。





終わった。
スポンサーサイト

Comment

 

なんという……
  • posted by 名無氏 
  • URL 
  • 2009.02/27 20:09分 
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.03/22 18:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

アクセスは分身しています

現在の閲覧者数:

読み方はえみやしろ

笑み社 ◆myeDGGRPNQ

Author:笑み社 ◆myeDGGRPNQ
VIPで活動中のSSコテ。
頑張る。
頑張らないと、いけない。


なお、リンクの希望は下のプロとも申請からかコメントでお願い。
随時受け付けている。

ツイッター

    follow me on Twitter

    最近の記事

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    48024位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    小学生
    2572位
    アクセスランキングを見る>>

    最近のトラックバック

    右サイドメニュー

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。