笑み社がブログを立ち上げたようです

2ちゃんねるのVIPでSSコテとして活動中の笑み社 ◆myeDGGRPNQのブログです。基本的に作品保管庫として機能していますが一日一回日記を書きます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真鍋和「笑み社っていうコテが、お題に応えて文を書くんだって。唯」

1 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 19:53:29.82 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

そう。

2 :棚から幸子EX:2009/07/14(火) 19:55:46.54 ID:inXQroKTP ?PLT(34000)

銀様とラブラブお好み焼き作りたい話

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 19:59:25.19 ID:sBTpeidt0
ほらまとめサイト作ってやったぞ

http://www39.atwiki.jp/odaibun/

4 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:01:46.15 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

「お好み焼きぃ?」

 はじめはいつだってそうだ。
 君はいつも、僕の提案には厭な顔をする。それが本心なのかは計り知れないけれど、
君の口から溢れているよだれを、僕は見落とさなかった。
 ――彼女、水銀燈は僕の可愛いお人形だ。
 出会いは平凡なものではなかったけれど、今は絵にかいたような平凡さで、共に生き
ている。
 お好み焼きだって、別に野菜炒めでもいいのだ。君の隣にいられるのなら、料理をする
という行動のカテライズでなくともかまわない。
 ……君の頭をなでる。そうすると、君は厭な顔を一瞬だけさせて、安らいだ顔をする。

 ――ああ。
 水銀燈。
 君は、僕の天使様だよ。

5 :(@_ノ@;)<OK、寝るよ ◆OkhT76nerU :2009/07/14(火) 20:02:29.26 ID:5rnpGDY+O ?2BP(9778)

キョンが古泉谷口国木田にいじめられて自殺する話

6 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:09:08.04 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 ――もう、いいかげんにしてくれ。

 或る日。学校に行ったら、机には菊の花が置いてあった。
 教室にいる人間総てが、俺を嗤っている。その中でも、親友だと、少なくともそう思ってい
た人間のせせら笑いが心臓を縮小させた。谷口と国木田。高校に入って、不安だった気持
ちを無くしてくれたのは間違いなく彼らだ。こればっかりは、朝比奈さんでも長門でも、まし
てやハルヒでもない。
 花瓶を洗面所まで持っていき、花を処分する。花をこのように扱いたくはなかったが、あの
時の俺は冷静さなんてとうになくしていた。
 否、もはや人が恐ろしくなった。
 好意に思われて、疎ましく思うのが俺だった。
 その逆。――疎ましく思われるのも、厭だった。
 俺という存在が足元から消え去っていく。
 古泉がそんな俺をにやにやと見ている。
 ――そうか、お前もなのか。

 ――そうか、お前も、なのか。

 グシャリ。

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:09:11.45 ID:gE/kkrjcO
>>5
なら登場人物全員でいいじゃん

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:11:41.46 ID:duqZ6nWg0
ヤムチャがベジットをフルボッコにする話

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:14:58.60 ID:SYbWe62hO
こなたと唯とハルヒを扉の無い同じ部屋に閉じ込めてくれ

10 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:21:31.41 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 吹き荒ぶ旋風。
 大地を揺るがす波動。
 天を裂く拳の唸り。
 破裂音と共に弾き飛ぶのは一人の男。否、正確には二人である。
「おいおい。伝説の合体戦士もこんなものかよ。
 とどめだ――狼牙風々拳――!」
 黒髪の青年が、金髪の青年に向かって飛来する。
 その速度、実にマッハ8。大凡人間の出せる速度では決してない。その速度を突進を金髪の
青年はそれを超える速度で迎撃する。
 ――視認なんて出来る筈がない。
 伝説の超サイヤ人二人が合体した、ベジットという存在と今や全宇宙でぶっちぎりの強さを誇
るヤムチャという戦士が全力で戦っているのだ。

 ――否。それは間違いだ。
 ヤムチャは、本当のところ、実力の3%も出してはいない。

「「ビッグバンかめはめ波――!!!!!!!」」

 ベジットから放たれる閃光。それを防ぐ方法なんて、全宇宙のどこにもあるはしない。
 ――そう、彼を除いては。

「操気弾!!」

 ベジットの閃光は、ヤムチャの丸い物体によってかき消され、その勢いでベジットは遥か
彼方へと吹き飛ぶ。
 もう、彼らは帰ってなんて来られない。
 宇宙一の称号は、彼、ヤムチャの手に――

「――という夢を見たんだ」
「ヤムチャ様……」

11 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:24:27.84 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

唯「ここ、どこ?」

こなた「さあ? でも、ゲームはないみたいだねー」

ハルヒ「え! ここどこ! もしかして宇宙人に拉致されたとか? きゃー! 不思議よ! 不思議!」

こなた「ほらほら、そこのお嬢さん。とりあえず落ち着きましょ」

ハルヒ「!?」

唯「あれ? 声、そっくり」

こなた「あれま」

12 :9:2009/07/14(火) 20:26:18.68 ID:SYbWe62hO
>>11
やるじゃん

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:26:24.61 ID:5xNHHZd+O
ルルーシュと夜神月を同じ部屋に閉じ込めてみて欲しい(マジキチという意味で)

14 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:38:13.30 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

ルル「なんなんだこいつは」

月「なあ、リューク……いないか。やはりここにはこの男と僕しかいないようだ」

ルル「貴様。この俺が誰だが分かっているのか?」

月「……いや、知らないな。逆に問う、君はキラ事件を知っているか?」

ルル「知らん! 合衆国日本に、そのような事件はない!」

月(うわ。いきなり大きな声出した。だが、これでこいつが異世界の人間だということがわかった)

ルル「無視をするなあああああああああああああああ!!!!!」ギュイイイイイイイイイン

月「無視なんてしていないよ。ここから出るにはどうすればいいのだろうね」(うわっ、目コワっ!)

15 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:38:56.61 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

ルル「……確かに、このまま死んでは困る。童貞のままは厭すぎる」

月(童貞って……)

ルル「とりあえず、あそこの空気供給間から外に出るか」

月「無理だろ。あんなの、サンタナでもなくちゃ――」

ルル「スザクならできるぞ」

月「実在するのか……出来るやつが……」

ルル「このまま終わりだが、いいか?」

月「なるほど、やおいというやつか」

ルル「だ、だれがBLだ!」

16 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:41:57.84 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

どっちもまともに見たことないのに書けた。

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:43:57.88 ID:duqZ6nWg0
宇宙戦艦ヤマトと機動戦艦ナデシコが交戦する話

>>16
飲茶㌧クス。そしてワロタ

18 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:44:34.27 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

>>17
それはさすがに不可能。

ありがとう。

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:45:20.43 ID:SYbWe62hO
伸びないね

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:47:25.31 ID:XV6F3mPr0
三千院ナギとルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールと逢坂大河を一緒の部屋に閉じ込めてくれ

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:47:57.23 ID:duqZ6nWg0
>>18
泣いた

幼女とフライパンが冒険する話

22 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:49:43.02 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

ナギ「ハヤテー!」

ルイズ「サイトー!!」

大河「竜児ー!!!」

ナギ「ハヤテー!!!!」

ルイズ「サイトー!!!!!」

大河「竜児ー!!!!!!」

釘宮「疲れた」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:50:25.38 ID:SYbWe62hO
長門と綾波が姉妹だったら・・・みたいな感じでお願いします

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 20:52:11.32 ID:XV6F3mPr0
>>22
絶望した

25 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:57:27.36 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 ――大きな、そして長い道。
 果てしないようにも思える道を、彼女たちは歩いていた。
「ふんふーん」
「ご機嫌だね、幼女ちゃん」
「うんっ! だって、あのおばさんから貰ったイチゴ、おいしいんだもん!」
 赤い果実を口に運びながら、太陽以上に眩しい笑顔。幼い子供は、こういった表情が
何よりも似合う。
 しかし、彼女の手には大凡幼女には相応しくない代物が握られていた。
 ……鉄の道具のようだ。円の形をしたそれは道具であるにもかかわらず、あろうことか言
葉を発している。
 フライパンと幼女。異色も異色。在り得ない組み合わせ。
「魔法のフライパンにちなんで、エイドリアン・スーティルね!」
「え?」
「え?」
 突然、15個目の苺を口にした時、幼女は言った。
 フライパンの名前なのだろうが、如何せんちなみ損ねている。フライパンは呆れながらも――

「仕方ないねえ。幼女ちゃんが決めたんだからいいよ。それで」

「うんっ! きよし!」

「きよしって誰!?」

 彼女たちの物語。
 これは、グラニョールを抜けたその時のお話でした。

26 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 20:59:20.39 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

長門「……」

綾波「……貴女は?」

長門「長門有希」

綾波「そう」

長門「そう」

綾波「お姉ちゃん」

長門「そう」

綾波「……高校は楽しい?」

長門「……」こくり

綾波「そう」

長門「そう」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:02:18.18 ID:SYbWe62hO
>>26
ユニークwwwwwwwwww

28 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:02:55.00 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

長門「貴女は?」

綾波「なに?」

長門「中学校は、楽しい?」

綾波「問題ないわ」

長門「そう」

綾波「そう」

長門「情報統合思念体>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>エヴァ(笑)」

綾波「……」

長門「涼宮ハルヒ>>>>>>>>>>>>>>>>>>碇ゲンドウ(笑)」

綾波「……」

長門「朝比奈みくる(嫁)>>>>>>>>>>>>>>壁>>>>>メンヘラネクラ中学生(笑)」

綾波「……死ね」

長門「私には代わりがいない。貴女とは違う」

綾波「……そう」

長門「そう」

29 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:07:17.50 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

長門は三歳だけれど、考えてみれば高校生だから綾波よりも世間的な年齢は上。

今、気がついた。

30 :愛 ◆LOVV.XWD8o :2009/07/14(火) 21:07:52.07 ID:FzjOXUQZ0 ?2BP(568)

そうなんだ

31 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:08:52.31 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

ごはん食べてくる。

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:09:03.55 ID:t7Li6MZl0
唯と憂のほのぼのお正月

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:09:31.43 ID:SYbWe62hO
いってらノシ

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:10:01.20 ID:wYkq4PA30


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:10:38.04 ID:duqZ6nWg0
食ってらー

の間にお題を考えよう

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:14:05.77 ID:SYbWe62hO
平沢唯がDEATH NOTEを拾ったようです

37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:23:13.50 ID:gfNpgJwxO
キョンとハルヒのほのぼの恋愛もの

38 :辛酸 ◆shinsan/K. :2009/07/14(火) 21:24:22.77 ID:KKjbvqJ6O
ほしゅしとくよ

39 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:26:55.49 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

「憂ー」
 我が家のこたつが声をあげる。
 妹の私がいなきゃなにもできないこたつさん。今度はなにを御所望?
「アイスー」
 冬なのにアイス。彼女、平沢唯はマイペースを絵に書いたような人物である。
 そういうところも含めて可愛いのだけれど、時々姉が羨ましく思える。あんなにも、
素晴らしい友人、仲間に囲まれているのだから。
「はい、お姉ちゃん。たらさないでね」
「わーい。バニラバニラー」
 嬉々として袋を開け、白い棒状のモノを口に運ぶ。――ああ。アイスになりたい。
 テレビではお正月恒例の収録番組が流されている。どれもこれも面白いわけでは
ないのだが、私にとって、姉といる時間があまりにも楽しい。
「憂ー」
「ん?」
「はい、半分こ」
 半分だけになったバニラスティック。白いそれは数秒前まで姉の口に入っていた
ものだ。
 それを、姉は私に差し出してきた。その表情は緩みきっており、私を信頼した顔だ。

「ありがとう。お姉ちゃん!」

 我が家のこたつは、今日も可愛くて、元気です。

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:30:22.15 ID:eg9W+v160
真紅と猫を戦わせてくれ

41 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:31:40.35 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 ある日。私は黒いノートを拾った。

「英語……読めない……」
 なにか使い方のようなものが書いてあるのだけれど、英語の知識があまり
ない私にはどうしても読めない。明日、澪ちゃんにでも教えてもらおう。
「でも、忘れちゃうかも……そうだ! メモしよう!」
 そうと決まれば書いてしまおう。
『秋山澪ちゃんに英語を教えてもらう』
 よし、これでよし。

 ――さあ、明日が楽しみだ。
 このノートには、なんて書いてあるのだろう。

42 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:32:43.89 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

リクエスト総てには答えられない。

安価にする。
>>45お願い。

43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:35:21.91 ID:SYbWe62hO
>>41
イイな
笑み社の才能に嫉妬

44 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:43:17.72 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

過疎。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 21:45:24.65 ID:t7Li6MZl0
憂と唯のほのぼの大晦日

46 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:54:53.69 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

「憂ー」
 今年も終わりだというのに、我が家のこたつが声をあげる。
 妹の私がいなきゃなにもできないこたつさん。今度はなにを御所望?
「おそばー」
 まだ10時なのに年越し蕎麦。彼女、平沢唯はマイペースを絵に書いたような人物である。
 そういうところも含めて可愛いのだけれど、時々姉が羨ましく思える。あんなにも、
素晴らしい友人、仲間に囲まれているのだから。
「はい、お姉ちゃん」
「わーい。てんぷらてんぷらー」
 嬉々として箸を持ち、鼠色の糸状のモノを口に運ぶ。――ああ。お蕎麦になりたい。
 テレビでは大晦日恒例の生放送番組が流されている。どれもこれも面白いわけでは
ないのだが、私にとって、姉といる時間があまりにも楽しい。
「憂ー」
「ん?」
「来年も、よろしくね」
 姉の、少しだけ真剣な顔。
 小さな頃から、お姉ちゃんはいざという時にはなによりも頼れる存在だった。
 大事なくまさんが無くなってしまった時、頑張って探して、見つけてくれたお姉ちゃん。
 クラスの男の子にいじめられた時、助けてくれたお姉ちゃん。

「うん! こちらこそ、お姉ちゃん!」

 我が家のこたつは、今年も可愛くて、元気でした。

47 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 21:56:57.24 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

次は

>>50

48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:04:19.53 ID:eg9W+v160
過疎ってるなぁ

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:07:31.42 ID:t7Li6MZl0
ありがとうございました

安価なら憂と唯のドキドキバレンタイン

50 :辛酸 ◆shinsan/K. :2009/07/14(火) 22:08:11.41 ID:KKjbvqJ6O
律と律弟の恋愛

51 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:13:42.28 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

「はあ……」
 自室に籠って溜息ひとつ。
 ドラムの練習なんてする気にはなれない。
 無論、宿題にも手がつかない。
「はあ……」
 溜息、これで今日34回目。
 ベッドに横たわって、ある人のコトを考える。それは、私に最も近しい人物。
「こんなのって……」
 頭に浮かぶのは一人の男の子。
 
 自分と同じ顔をしているのに。
 自分と同じ性格だというのに。
 自分と同じ血が流れているのに。

 私が思い浮かべるのは、弟。聡のことばかり。

「やっぱり……まずいとなあ……」
 だって、澪は私のことを――

52 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:15:20.09 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

今度はちょっと間開けて休憩。

>>60

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:27:09.07 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

重要ないのだろうか。

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:28:20.74 ID:t7Li6MZl0
俺は凄い憂唯ものを書いてもらいたいけど、自重してる

55 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:32:05.00 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

澪律など、他の作品とのクロスオーバーもあり。

士郎×長門とか。

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:35:11.80 ID:t7Li6MZl0
律澪も良いと思います
エイラーニャも書いて貰いたいな

57 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:37:04.90 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

私はそれを知らない。

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:41:40.27 ID:t7Li6MZl0
もし百合好きならストパンお勧め
エイラ×サーニャでエイラーニャ

59 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:42:41.75 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

百合はむしろ私なのかもしれない。

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:43:17.50 ID:RbRxHHD10
>>40

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:43:54.69 ID:IGJdshXgO
けいおんで聖杯戦争とか頼む



62 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:52:44.01 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

「ひっく……ひっく……」
 小さな嗚咽。
 その音は間違いなく僕の隣にいる赤い人形からだ。
 目の前には猫。我が家の猫『タマ』である。
「カツオ……どうして……あんなのが……」
 失礼な。タマは優秀な猫だぞ。
 そう言おうとはしたのだが、どうにも言える空気ではない。なにせ真紅が
泣いている。マジ泣きだ。
 真紅は僕の服の裾をつかんで、怯えている。猫が苦手というのは翠星石
から聞いてはいたが、まさかここまでとは思わなかった。
「なあタマ。どうしたんだ?」
 タマはそっぽをむいた。どうやら、僕にはバッチが足りないようだ。
 裾をつかんでいる真紅は僕をじっと見つめる。その眼には吸い込まれそうに
なるが、ここはタマの意見も聞いておきたい。
 ――訊きたいのだが――

「フシャアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!」
「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」

 ……鼓膜が……鼓膜が……。

「水銀燈……助けてえええええええええええええええ!!!!!!!!! お姉さまああああああああ
ああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」

 ――ああ。
 そんなコトだったら、早く仲直りすればいいのに。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:54:34.58 ID:RbRxHHD10
クソワロタwwwwwww
バッチwwwポケモンかよwww

64 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 22:57:56.71 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

次は>>66

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 22:58:35.32 ID:RbRxHHD10
過疎区

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:00:54.47 ID:t7Li6MZl0
>>49

67 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 23:08:48.81 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 今日は、バレンタインです!

「憂ー」
「どうしたの? お姉ちゃん」
 台所でいつものだらけた表情とは違う。にこにことした表情を見せる。
 お姉ちゃんは背中に何かを隠し、それを私に見せないようにしている。
「……憂」
「だから、どうしたの?」
「これ……」
 もじもじしながら、お姉ちゃんは私にピンク色のなにかを渡した。
 見れば、それはラッピングされた箱だった。ずっしりとした重さで、中になにが
入っているのかなんてすぐにわかった。
 ――そう。これは――
「憂。あんまりおいしくないと思うけど……頑張って作ったから……」
「――フフ」
 そんなのは、わかってる。
 お姉ちゃんは、恋をしたことがないからバレンタインだってしたことはない。
 それなのに、今年は違った。それはきっと、澪さんが律さんにあげるもので、律さんが
澪さんにあげるものを作る際にお姉ちゃんも作ったものだろう。
「憂……えと……私、憂のこと、自慢の妹だと思ってるからね?」
「うん!」

 ――今日はバレンタイン。
 来月、楽しみにしててね。お姉ちゃん!

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:10:24.06 ID:UQUXXSEWO
笑みちゃん久しぶりだ´∀`
笑みちゃんの書く奴全部好きだわ

69 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 23:13:27.49 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

次は>>73

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:13:38.40 ID:BuhS1KzS0
また貴様か

こんなスレに和を使うのはやめろ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:23:26.97 ID:RbRxHHD10
過疎区

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:25:00.73 ID:t7Li6MZl0
kskst

73 :茶トラ白 ◆Canary9Ms2 :2009/07/14(火) 23:25:15.47 ID:TnX8IlGIO
ローゼンとあやつり左近のクロスオーバーで推理SS書いて

74 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 23:31:23.49 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

あやつり左近をしらない。

再安価>>77

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:32:53.03 ID:QLOKvhgsO
衛宮切嗣がハルヒの高校の担任。

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:47:28.60 ID:RbRxHHD10
笑み社と金糸雀

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/14(火) 23:49:21.46 ID:QLOKvhgsO
衛宮切嗣がハルヒの担任。

78 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/14(火) 23:56:54.01 ID:2jcWyFa60 ?2BP(2000)

 俺たちの教室は、毎日をだらだらと過ごしている。若いのだから、
あまり生き急ぐこともないといった感じだ。(涼宮ハルヒを除いて)そ
れ故に、あまり大きな変化だとかは受け付けない。というか、ノーサ
ンキューなのだ。
 ……だというのに、我がクラスは未曾有(みぞうゆう)の状態に陥った。

「えー。出席をとります。愛川」
「あ……」
 ほうら見たことか! 出席では誰よりもけたけましい声を上げる愛川が
妙に低いテンションになってるではないか。それもこれもあの――

「誰だアンターーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

 何食わぬ顔で出席を取ってる、夏だというのにコートのおっさんの所為に違いない。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:01:56.55 ID:dVxnFVvmO
続けて。

80 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/15(水) 00:04:56.31 ID:DYotg+xp0 ?2BP(2000)

「え? やだなあ、僕は担任の衛宮じゃないか」
「担任は岡部っていうなんの個性もない普通の教師だ! さてはお前――」
「えー。それじゃ、今日は2時間目が現国になるからね」
「おおおおおおおおおおおおおおい!! 聞けよオオオオオオオオ!!!!!!!」
 なんてやつだ。
 マイペースとかいうレベルではない。これだったらまだ平沢唯の相手をした方が
楽だ。というか、平沢っていうのも誰だ? なにか別の次元の話をしてないか俺?
あー腹立つ、いったいなにがどうしたっていうんだ、犬が飼いたい。
 衛宮とかいう男は、どうやら次の時間。魔術の授業を受け持って――
「魔術ってなんだこらアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」
「どうしたんだい? もしかして、教科書を忘れたとか?」
 衛宮は俺が可哀想なやつみたいな目で見てやがる。その目をやめろ。
 ――ハルヒは……眠っている。これだけシャープな突っ込みにももろともしない。
「岡部はどうした岡部は!」
「やかましいなあ、魔術回路ぶっ壊すよ」
「ホラアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!! なんか魔術回路とか言ってる!!
明らかに変なやつだろ!! 岡部を出せ!!」
「ん……うるさいわねえ……」
「おっかーべ! おっかーべ! おっかーべ! ほら、谷口もやれ!」
「……なによ、これ」
「おっかーべ! おっかーべ! ほら、国木田も!」

「い、いつからこのクラス(キョンのみ)の間で、岡部がアイドル化してんのよ……」

81 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/15(水) 00:11:25.19 ID:DYotg+xp0 ?2BP(2000)

需要がないようだし、終わりでもいい?

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:12:16.65 ID:s/jtM7Xb0
待って。その前に憂唯ホワイトデー書いて

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/15(水) 00:21:58.53 ID:uAVkdwqKO
                  ._」   L_/    /
                ., ´: : :>、_/z‐七<
              ./: : :,zチ‐" : ∧: `丶ゝ:. \
              /: : : .//: : : :/: 小 : : : |: : : : : \
            /): : : レ: :,-‐フ:/ | \:.:.|`ヽ: : : : :.\
           ///).|/:/〃  |   ヽト、: :|: : : :l: : :l
          /,.=゙''"/ : |:. :/z=、    テミ、: |: : : :| : : |
   /     i f ,.r='"-‐'つ イ j`ヽ    r┘ヾj: : :| | ト、.|
  /      /   _,.-‐'~:. :?|7 ハ.}    {.ィ_ハ|リ|: ハ:| | `|
    /   ,i   ,二ニ⊃ : :|弋廴ノ     弋_ノ ∧ 小:|  ゆいういとかもぅじゅうぶんだよ!!
   /    ノ    il゙フ ぃ: : :|     r‐ ┐    ハj: ハ | そんなのよりわたしとおねぇちゃんの
      ,イ「ト、  ,!,!|ハ:.: ト、: :ト、    l  ノ   ,人: :/ リ いちゃいちゃでぷにぷになゆりを!!
     / iトヾヽ_/ィ"|. \|. \|\|r―┬<//}:.:/


84 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/07/15(水) 00:22:41.89 ID:DYotg+xp0 ?2BP(2000)

 3月14日

 今日、お姉ちゃんにバレンタインのお返しをしました。
 昨日頑張って作ったクッキーを梓ちゃんと一緒にラッピングして、
お姉ちゃんに渡しました。
 お姉ちゃんは、ほにゃっとした笑顔で「ありがとう」って言ってくれました。
 でも、梓ちゃんにもバレンタインあげたのはちょっぴりショック。
 どうして、お姉ちゃんは私以外の子にバレンタインあげたんだろう。もしかし
て、梓ちゃんのことが……ううん、そんなことない。きっと、梓ちゃんが誑かしたんだ。
お姉ちゃんは悪くない。お姉ちゃんは私が守るんだから。そう、きっと、お姉ちゃんは
私を選んでくれる。
 選んでくれなかったら、どうしよう。
 そんなコトを考えてしまう夜は、本に書いてあったようにこの日記に心の思うがまま書きます。

 いらないいらないいらないいらないいらないいらないいらないいらない
 いらないいらないあずさちゃんなんておねえちゃんにはいらないいらない
 くるわないでいらないころしてしまいたいいらないいらないいらないいらない
 わたしだけでじゅうぶんだからいらないいらないいらないいらないいらない
 いらないいらないいらないしんでしまえいらないいらないいらない
 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

アクセスは分身しています

現在の閲覧者数:

読み方はえみやしろ

笑み社 ◆myeDGGRPNQ

Author:笑み社 ◆myeDGGRPNQ
VIPで活動中のSSコテ。
頑張る。
頑張らないと、いけない。


なお、リンクの希望は下のプロとも申請からかコメントでお願い。
随時受け付けている。

ツイッター

    follow me on Twitter

    最近の記事

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    24291位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    小学生
    1302位
    アクセスランキングを見る>>

    最近のトラックバック

    右サイドメニュー

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。