笑み社がブログを立ち上げたようです

2ちゃんねるのVIPでSSコテとして活動中の笑み社 ◆myeDGGRPNQのブログです。基本的に作品保管庫として機能していますが一日一回日記を書きます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「しんこん!」番外編

番外編




494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 20:41:48.01 ID:LaNtxblu0
――憂をアメリカに送って、一カ月――

唯「暇だなー」ゴロゴロ

和「澪たちは再就職したっていうのに、ずいぶん呑気ね」

唯「だってー」

和「専業主婦って言いたいんだろうけど、家事も殆どが私担当じゃない」

唯「ゴミ捨ては行ってるじゃん」

和「……はぁ」

唯「ドライブでも、行こうかなー」

和「アンタ、あの一件で免許取り消し食らってるじゃない」

唯「そうだったー。ねえ、和ちゃん」

和「?」

唯「ちゅー、しよ」

和「今はそういう雰囲気じゃないでしょ。空気読みなさいよまったく」

唯「あうー」

495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 20:46:22.61 ID:LaNtxblu0
和「あうーじゃないの。ほら、ご飯できたから起きなさいって」

唯「はーい。あ、でもトイレ!」

ドア「ニコ」

和「……」

和「憂がいなくなっても、全然変わらないわね。これから先の夫婦生活に
不安を覚えるわ」

和「せめて、料理くらいしてくれないかな」

和「仕事はクビにならなかったけど、私も色々大変なんだから」

和「……」

和「でも、私が唯を守るって決めたんだから」

和「辛い、なんていうのは甘えよね」

和「――!」ズキッ

和「最近、頭痛がする。疲れてるのかしら……」

496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 20:53:00.13 ID:LaNtxblu0
唯「――おーいしーい!」

和「そう。ありがとね」

唯「和ちゃんはお料理の天才だね!」

和「憂には負けるわよ。……ほら、あーん」

唯「あむっ。モグモグ」

和(美味しそうに食べてもらえるのは、ホントに嬉しいわよ)

唯「この餃子美味しすぎ!」

和(……ただ、やっぱり唯のご飯も食べたいな)

唯「和ちゃんー! あーん!」

和「ん」モグモグ

唯「……ねえ」

和「どうしたの?」

唯「和ちゃんは、私に家事してほしい?」

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 20:59:56.90 ID:LaNtxblu0
和「え?」

唯「そりゃあそうだよね。こんなニートが嫁なんて嫌だよね」

唯「澪ちゃんみたいに、ちゃんとしたお嫁さんになれなくってごめんね」

唯「せっかく一緒になってくれたのに、私みたいな女で……」うるうる

和「!?」

唯「ごめんね……ごめんねぇ……」

和「ど、どうしたのよ?」

唯「ふぇえええええええええん!!!」ボロボロ

和(……この子ったら、二日目になるといつもこうなのよね。腹痛とかは軽いく
せに、ちょっと気持ちが弱くなるのよね)

唯「和ちゃ~ん!!」

和「はいはい。唯は私のお嫁さんだから、捨てたりなんてしないから安心
しなさい。ね?」

唯「ぐすっ。本当?」

和「本当よ。ささ、ご飯食べてお風呂入って、お腹温めて寝なさい」

唯「うん……。ありがとう。和ちゃん」

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:07:20.41 ID:LaNtxblu0
――夫婦の寝室――

唯「んー……」

和「この寝顔見てると、色んな疲れなんてどうでもよくなるわね」

和「……」じー

和「ああ、可愛い」

和「今年で25なのに、まるで小学生みたい」

和「……でも、身体のほうはきっちり大人で」

和「たまらないわよね」

和「――ああ。いけない。唯に毒されてるのかしら」

和「私、こんなに性欲あったっけ?」

和「いやいや」ブンブン

和「この子が可愛すぎるのがいけないのよ」

和「……もう、寝よう」

和「……でも、少しくらい触っても――」

和「――いやいや、私はそういうキャラじゃないでしょ。おやすみ」

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:14:45.72 ID:LaNtxblu0
――そのころ、田井中夫妻は――

律「――なあ澪ぉ……」

澪「い・や・だ!」

律「痛くしないからー」

澪「断る!」

律「奥まで入れないから、ね? いいだろ?」

澪「律は絶対痛くするから、嫌だ」

律「うう~。気持ちいいのにさー」

澪「……本当に、痛くしない?」

律「ああ。約束する」

澪「……じゃあ、いいよ」

律「ほら、横になれよ」

澪「だってぇ。りっちゃんのそれ……」

律「まったく。耳掃除くらいでそんなに騒ぐなよなー」

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:20:50.23 ID:LaNtxblu0
澪「ひゃわぁ!」

律「ふっ! よし、これでOK! ほら、交代!」

澪「……律って、独りよがりだよね」

律「そうかな?」

澪「そうだよ。いっつも勝手だし……」

律「亭主関白なんだよ。私は」

澪「むー。こうなったら――」

澪「……よいしょっと」ひょい

律「お姫様だっこ!?」

澪「じゃあ、たまには旦那さまに、私の気持ちを味わってもらおうかな」

律「え?」

澪「――」

律「うわ! なにすんだ! いきなりパンツ下すな!」

澪「黙りなさい」ちゅ

律「――!」

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:29:29.62 ID:LaNtxblu0
律「な、なんか変だぞ! 今日のお前!」

澪「変なんかじゃない。まな板りっちゃんのくせに」

律「ま、まな板だとー!?」

澪「……ねえ、うるさいんだけど」

律「――!」びくっ

澪「どーせ、律のまな板なんか誰も相手しないんだよ。私だけなんだよ。
こうして、触ってあげるのは」

律「――ん!」

澪「感じてる? 悔しくないの? がさつでまな板で女の子らしさの欠片も
ないくせに、生意気だよ」

律「ちが……!」

澪「だからうるさいって」

律「!?」

澪「次、無駄口叩いたら引っ叩くからね」

律「……」

律(あれ? なんか、気持ちいい?)

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:53:46.34 ID:LaNtxblu0
澪「なんだ? なにか言いたそうだな。言ってみな」

律「……えと、しゃべっていいの?」

澪「……」ギュウウウウウ

律「痛い痛い! つねらないで!」

澪「ああ、ごめんごめん。あんまり小さいんで、揉んでるつもりがつねってた」

律「うう……。澪、怖いよぉ」

澪(かーわいい)

澪「あのさ、律。私、もっと律をいじめたい」

律「!?」

澪「いっつもいじめられてるんだもん。たまには、私が律にしてやるからな」

律「や……」

澪「嫌?」

律「ううん……。私も、澪にしてもらいたい」

澪「そっか。じゃあ、するな。馬鹿律」

省                        略

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 21:58:15.18 ID:hiZDYFCU0
相変わらずエロを書かない。そしてそれがいい。

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 22:25:28.70 ID:LaNtxblu0
澪「……」

律「……あのさ」

澪「なぁに?」

律「唯たち、大丈夫かな」

澪「なんとかやってるだろ。私たちも新しい仕事見つかったんだし、そのう
ち会いに行こうよ」

律「だよな。……和が心配だよ」

澪「律が心配するなんて珍しいな」

律「そうか?」

澪「そうだよ。唯も和も、憂ちゃんのこと大好きだったから、そこは少し大変
かもな」

律「ああ。――そういえば、家事とかはどうなんだろ?」

澪「あ」

澪「あっちゃー」

澪「唯のやつ、そういえばあれ以来料理してないんじゃないか……?」

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 22:31:37.50 ID:LaNtxblu0
――翌日――

澪「本当にやばいな」

澪「憂ちゃんがいなくなって、和がずっと家事やってたら……」

澪「和が、倒れてしまうじゃないか」

澪「おーい、律ー! 出かけてくるなー」

律「浮気するなよー」

澪「ばーか。いってきます」

律「ほいほーい」

ドア「ニコ」

澪「和は仕事だよな。……そうすると、家でゴロゴロしてるだろうな。唯」

澪「私がお嫁さんとは何かを教えてあげよう。うん」

澪「和のためにも、唯のためにも、な」

506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 22:40:16.19 ID:LaNtxblu0
澪「よし、平沢家に到着!」

澪「しっかし。唯の両親はいつもどこにいるんだろうな」

澪「思えば、私は唯の両親をどっちも見たことがないぞ」

澪「憂ちゃんが大変なことになっても、電話一つ寄こさなかったし」

澪「どういう両親なんだろう。放任主義も過ぎてないか?」

澪「……それに、今ここに住んでるのは真鍋和と真鍋唯だろ? まあ、戸籍
上では平沢唯だけど」

澪「もはや、ここは平沢家というよりも真鍋家じゃないか」

澪「真鍋家が植民地にしたのか?」

澪「……さて、くだらないこと言ってないでインターホン押そう」

呼び鈴「ピンポーン」

澪「……」

澪「……」

澪「……あれ?」

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 22:49:52.27 ID:LaNtxblu0
澪「いないのかな?」

澪「電話してみよう」

ケータイ「ピッポッパ」

家「ドドン! どかん! ゴロゴロー!!」

澪「あ、唯か。家にいるよね。うん、知ってる」

澪「寝てたんだ。じゃあ、開けてくれない?」

澪「はーい」

ケータイ「カチッ」

ドア「ニコ」

唯「澪ちゃん! いらっしゃい! どうしたの?」

澪「うん。唯のこれからについての話と、練習だよ」

唯「ふぇ?」

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 22:55:40.20 ID:LaNtxblu0
――居間――

澪「相変わらず綺麗だな」

唯「うん。お掃除は私の仕事だからねー」

澪「そうなのか?」

唯「そうだよー。私だって、少しくらいは家事するんだから」

澪「そっかー。それは意外だった」

唯「ぶー」

澪「でも、家事のメインは炊事じゃないか?」

唯「う。それを言われると……」

澪「和が作ってくれてるんだな?」

唯「うん……」

澪「お仕事から帰ってきて、ご飯が出来てなかったら、和悲しいだろーなー」

唯「う!」

澪「でも、逆にご飯ができてたら、それはもうキスとか色々が待ってるだろうなー」

唯「やる! 炊事やるから教えて! 澪ちゃん!」

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:06:14.27 ID:LaNtxblu0
澪「よし! 美味しい料理を作って、和を虜にするぞ! 男は胃袋を掴め!
だ!」

唯「和ちゃんは女の子だよ~」

澪「と。そうだそうだ。早速始めようか」

唯「うん! おねげえします! 澪先生!」

澪「先生って呼ばれるのも久しぶりだな。よぉし、その気になってきたぞ」

唯「キッチンへゴー!」

澪「待て待て、まずは何を作るかを決めないと」

唯「てへへー」

澪「テキトーに食材を切ったり焼いたりしても、料理はできないぞ。まずは
なにを作るのかを決めて、それで食材を買いに行くんだ。もしくは、今ある
食材で、何を作れるのかを決めるんだ」

唯「そうだよね。私、間違ってたよ」

澪「まあ、今回は最初だから前者を選ぶ。唯、食べたいものあるか?」

唯「レバーとホウレンソウ!」

澪「そのこころは?」

唯「……生理で、血が足りないから」

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:12:28.15 ID:LaNtxblu0
澪「生理だったのか。ごめんな、突然押し掛けて」

唯「大丈夫だよー。私、二日目だけが辛いだけで、何故か三日目以降は
かなり楽チンなんだよ」

澪「唯の体質って、たまーに変わってるよな」

唯「そうかな? ……ま、まあ私はレバーとホウレンソウをたくさん食べた
い!」

澪「うん。じゃあ、レバニラとホウレンソウのおひたしでいいんじゃないか?」

唯「澪ちゃんったら流石!」

澪「なにが?」

唯「二つしか食材言ってないのに、もうメニューが出来ちゃったよ!」

澪「これくらい普通だぞ。どっちもその食材に於ける代表的料理だから」

唯「そーなんだー」

澪「……まあ、私も生理のとき律に作ってもらってるしな」

唯「えへへー」ニヤニヤ

澪「な、にやけるなぁ!」

唯「おノロケですなぁー」

511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:19:10.09 ID:L2otNTej0
しえん

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:19:57.28 ID:LaNtxblu0
澪「それじゃあ、一緒にスーパー行こうか」

唯「今4時くらいだからちょうどいいね」

澪「そうだな。律には……あ、律も呼ぼうか?」

唯「うん! りっちゃんには、和ちゃんが帰ってくる時間に来てもらおうよ!」

澪「それ、いいかもな。私たちの晩御飯も済ませられるしな」

澪「そうと決まれば電話だ!」

ケータイ「ピッポッパ」

澪「律? 晩御飯は唯の家で食べることになったから、7時くらいにお前
も来い。今は駄目だ。お嫁さんコンビで美味しいご飯を作るからな。うん。
それじゃあ、また」

ケータイ「ピッ」

澪「よし、これでよし」

唯「りっちゃんも来るなら、さらに頑張らなきゃ!」

澪「その意気だぞ。唯」

唯「じゃあ、スーパーまでクルマで――」

澪「免許取り消されるだろ」

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:26:20.03 ID:LaNtxblu0
唯「もうされてます!」

澪「だったな。口が滑った」

唯「なにはともあれ、スーパーへゴーですよ!」

ドア「ニコ」

澪「……唯はさ、和のどのあたりが好きなんだ?」

唯「いきなり言われるとびっくりしちゃう質問だね。でも、答えられる質問
だよ」

澪「どうなの?」

唯「優しいし、カッコいいし可愛いし、お母さんみたいであったかいところかな」

澪「――やっぱりお子様だな。唯は」

唯「そうかなー」

澪「まあ、それだからこそ、和と合ってるのかもな」

唯「澪ちゃんだって、りっちゃんとお似合いだよ」

澪「そ、そうか。ありがとうございます」

唯「照れてる澪ちゃんは、相変わらず可愛いねー」

澪「むむむ……」

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:37:06.86 ID:bTRKgaxR0
今日中には完結して欲しいけど
妥協はして欲しくないから完結無理だったら早く言えよ支援

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:42:14.40 ID:LaNtxblu0
席をはずす。

今日は帰ってこれないかもしれない。

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:49:10.95 ID:uUjlJLkY0
保守は任せろ

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05 /31(月) 23:50:05.92 ID:O0C7Tf1d0
やかましいわ ダラダラ続けやがって
終ったんだからやめろや

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:00:00.98 ID:c9qzFhKE0
>>517
でも見ちゃうんだろ?

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:02:38.23 ID:klGNdUNk0
アイテス

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:03:23.32 ID:29TQLCvs0
立て込んでて、今日はちょっと書けそうにない。

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:03:34.73 ID:klGNdUNk0
ちょwwwwIDうんこwwwwwww

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:04:23.93 ID:29TQLCvs0
夕方から夜くらいから書く。

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:06:47.41 ID:YouH68l90
はいよ

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:10:10.76 ID:dPaL1ve50
待ってる

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 00:43:52.20 ID:dsxaX3Z20
保守


526 : ◆Void00Vrcc :2010/06 /01(火) 00:54:56.69 ID:SgNfP7Dd0
こんな時間にたてこんでんじゃねええええ

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 01:43:19.73 ID:AAdZtL2t0


528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 02:30:15.21 ID:AAdZtL2t0


529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 03:03:00.54 ID:AAdZtL2t0


530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 03:38:38.81 ID:AAdZtL2t0


531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 04:10:09.47 ID:AAdZtL2t0


532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 05:30:33.22 ID:AAdZtL2t0


533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 06:58:13.44 ID:S7RBGagj0
ほっほ

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 07:47:31.08 ID:AAdZtL2t0


535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 08:27:06.71 ID:PvXq5LYu0
しゅ

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 08:47:47.82 ID:Gf3EEVN70
初めて笑社のSSが面白いと思ったわ
相変わらずの自己主張はちょっとうざいけど
ネットなんて小さなコミュニティの一つなんだから肩の力抜いて頑張れや。

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 09:32:53.93 ID:AAdZtL2t0


538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 10:26:23.59 ID:Ggbw5gPb0


539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 11:57:13.07 ID:AAdZtL2t0


540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 13:08:39.93 ID:W/G2Kmn00
追いついた


541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 14:31:10.65 ID:Cz7ptZwT0
ほあちゃ

542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 15:34:10.87 ID:Ggbw5gPb0


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 16:43:36.50 ID:Cz7ptZwT0
はっ!

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 17:16:33.87 ID:3Cof2O900
誰かスレ立てしてくれね?

545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 17:19:39.63 ID:O19rK9zW0
別にいいけど?

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 17:24:27.28 ID:3Cof2O900
【タイトル】梓「優しい猫の飼い方」
【本文】
梓「猫を飼いたい」

純「なに、藪から棒に」

梓「だから、猫が飼いたい」

純「ふうん」

梓「そっけないね」

純「そう?ていうか梓、前にうちの猫預けたら嫌がったじゃん」

梓「あれは猫の面倒を見るのが初めてで不安だったから……」

純「ふうん」



547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 17:27:02.04 ID:O19rK9zW0
あいよ

http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1275380780/

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 17:28:07.83 ID:fCP5RAuRO
ありがとう

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 18:12:46.63 ID:O19rK9zW0


550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 18:59:50.74 ID:3nxlmmcH0
再開してた!


551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 19:39:22.54 ID:60Vu/9IK0
ho

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:10:09.03 ID:29TQLCvs0
ただいま

今から書くけど、読んでくれてるならレスが多いと嬉しい。

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:13:55.89 ID:4yglwFVJ0
             / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : : : \: \    _.   -―-   ._
            / : : : : : : /: : : : : : : /: : : : :| : : : ヽ : : : : : \: \'"            `丶、
         ' : : : : : : /: : : : : : //: : : : : :l :| : : : :\: : : : : :ヽ : ヽ             \
        /: : : : : : :/ : : : : : : :/: :/: : : : l :| : : : : : :\ : : : : : : : : ,                \
.       / : : : : : : : : : : : :|:|:|: : : ∧:l : : : : : : `;=‐- : : l: : : }         |      \\
      /|:. : : : : : : |: : : : : :l: : |===っ′人: : :i : : : :l ニ\: | : V       /| |      ヽ 、
.     / .l : :}: : : : : |: : : : : :|: : |: : ! : : |/ ヽ: :ト、 : : |/ィ^ミ V : : } /     / l |i       ; ヽ
     l  l :/: :i : : : : : : : : : |: : |====|   -\ \j:ぅ┐} !: : :/:/   , ′ l l.l         }、
     l  l/: : :| : : : i : : : : : l: : | : : : : :l ,ィ∠=       Vり|: :j/   /    l. | l ト、  | ヽ |
     l /: : : :| : : :|:、 : : : : ∧: : : ://んべ      ゝ { : /  / -―- 、 l|V  }   |   }.|
     ∨ : : : :l : : : :l: : : : : : i/: : :,: :∧{ハし┐       " Y:{ イ   _ 、  l| ヽ .__  / / ハj
      /:/: : : ;' : : : : |: : : ト、: | : : : V : ヽ ヽ ソ       '   ; :} | ィヤフ卞ト、 l |   \ `/ / / }l
      ' : {: : : :{ : : : : ,': : :人jヘ! : : : : ヽ : ':   :""      / ハ |  v┘ル   l.| .ィぅ、V / / 〃
    {: :∧: :}: ヽ: : :/: : : : : ヽj: i: :ヽ: : :\}          ′, ' /__ -l、 ゞ ‐      l| んソ /./ / /′
     V  V : ノヽ/ : ハ{: : : : :} : : : : : : : : ヽ、       /_ノ// } ::::::::       j ´_ノイ / /
       ∠: :ニ={: :/、: : : : :{: : \: :丶: : : :∨ァー、--イ:{ / / ノノ         , ::::/ } j. /
    /::::::::::::::::::::∨::::`::ー≦=――-....\ : Y__ハ  j/} ノ .{ { {        _.   /〉 Y /
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::\}\:::::: ム ヽ.{  /  } ト、     ´   /'′/イ
.   /:::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l Y::::::::::} } \      `¨ヽ__.  ´  / ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| l:::::::: ノ イ   丶、__    }、i  _ イヽ   ハ
. /:::::::::::::::::::::::i:::::/::::::::::::::::::::::::::::::ー==:_-、:::::::j /:::::::::´::::|   /::::\`   ハ    |)::} ノ }
/::::::::::::::::::::::::ノ:: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ::::::|::::::::::::::::::j    /::::::::::::`::ー-}:::::\ /:::イ   リ

VIP列島@けいおん!! ーVIPPERで街を作るー
http://vipquality.sakura.ne.jp/town/top.htm
【初心者ガイド】http://vipquality.sakura.ne.jp/town/index.html
【紹介フラッシュ】http://vipquality.sakura.ne.jp/town/flash/viprettou.swf

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:17:36.87 ID:QnBBgiYVP
本文で勝負しろ甘えんな

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:22:51.25 ID:29TQLCvs0
――スーパー――

唯「そういえば、澪ちゃんと二人っきりで買い物なんて初めてかも」

澪「言われてみればそうかもな。いつも律かムギ、梓がいたもんな」

唯「一度、澪ちゃんとデートしてみたかったんだよねー」

澪「スーパーでそんな大げさな」

唯「大げさでもなんでもないよっ。澪ちゃん可愛いしカッコいいから、私の
ような美女にはお似合いだよ」

澪「ちょっと意味がわからない」

唯「しどい!」

澪「いや、唯は美女っていうか美少女だろ。永遠に」

唯「それは褒めてるの?」

澪「まあ、一応ね」

唯「ならいいよー」ぎゅっ

澪「こらこら。和が見たら傷つくだろ」コチ

唯「えへへー。……よし、これで食材は全て揃ったよ!」キリッ

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:27:12.14 ID:eu/eTk//0
面白いよ

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:29:31.39 ID:29TQLCvs0
澪「うん。確かにあるな」

唯「褒めてー」

澪(買い物しただけで褒めを要求!?)

唯「頭なでなでしてー」

澪「25歳児だな」

唯「やー」

澪「仕方ないなぁ……」なでなで

唯「澪ちゃんのおっきい手で撫でられるの、気持ちいいんだもん」

澪「……」

唯「あ! 今のはそういう意味じゃないからね。魅力的だよ! その手!」

澪「あははー」スタスタ

唯「お、おいてかないでぇ!」

澪「うふふー」スタスター

唯「澪ちゃーん! ごめんねー!」

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:32:01.31 ID:GXU+fp4Z0
これはこれは……

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:33:15.27 ID:NW286LlP0
律が担当したであろうT樫の視点でも書いてくれると嬉しい

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:37:03.06 ID:29TQLCvs0
――平沢宅――

唯「澪ちゃん、足速いよー」

澪「ふーんだ」

唯「拗ねる澪ちゃん、かーわいいー」

澪「!」

唯「りっちゃんが羨ましー」

澪「な――」

唯「おっぱい分けてよー」

澪「……むむ」

唯「聡くんも、こんな綺麗なお義姉さんが出来て鼻高々だろうなー!」

澪「しょ――」

唯「よっ! ミス桜ケ丘!」

澪「しょうがないなぁ! ほら、ご飯作るぞ! 和が帰ってきちゃうぞ!」

唯(私と違って単純だなぁ。澪ちゃんは)

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:43:19.44 ID:H/6f0PqS0
俺は見てるZE

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:43:34.03 ID:29TQLCvs0
澪「ふんふーん」トントン

唯「あ、ホッチキス。懐かしいね」

澪「歌詞忘れて、唯とダブルボーカルしたよな」

唯「あの時はホント、ご迷惑を」

澪「迷惑なんかじゃないよ。唯と歌うと元気になるんだ。不思議だよな」

唯「きっと、私たちは相性がいいんだよ。私もすごく楽しかったもん」

澪「唯もそう思ってたんだ。……なら、私もすごくすごくうれしいな」

唯「私も」

澪「――唯」

唯「?」

澪「ギー太。どうしてる?」

唯「部屋に飾ってある。私たちHTTの思い出で、友情の証だもん。今も
お手入れしてるよ。エリザベスは――?」

澪「エリザベスは、実家なんだ」

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:50:42.25 ID:29TQLCvs0
唯「実家って、澪ちゃんち?」

澪「うん。唯も知ってるだろ? 私たちが駆け落ちしたこと」

唯「……りっちゃんちのお父さんが、結婚に猛反対したんだよね」

澪「それで、律は私を連れて家出したんだ。突然で、荷造りも充分できな
かったし、なにより軽装にしないといけなかったから、エリザベスはお留守
番になったんだ」

唯「そうだったんだ」

澪「ママは……お母さんがエリザベスを保管してくれてればいいんだけど、
もうあれから二年も会ってないからさ」

唯「澪ちゃんたちが結婚したのって、去年だもんね」

澪「うん。……とはいっても、同性婚はできないから婚約指輪買っただけ
なんだけどな」

唯「それでも結婚だよ。私たちも、そうやって結婚ってことにしたんだもん」

澪「……ありがとう」

唯「いえいえ」トントン

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 20:58:39.41 ID:29TQLCvs0
澪「――よし、これであとは旦那さんの帰りを待つだけだな」

唯「楽しみだよ~。やっぱり、自分が作ったご飯を誰かに食べてもらうって、
なんだか緊張するね!」

澪「でも、美味しいって言ってもらえると、気持ちいいんだよなー」

唯「うん! 和ちゃん、喜んでくれるかなー」

澪「喜んでくれるよ。なにせ、唯が、生理中なのに一生懸命作ったご飯
なんだから」

唯「えへへー。りっちゃんも喜んでくれるよ!」

澪「当然だ! 律は私の旦那さんなんだからな!」

唯「おノロケだー」

ドア「ニコ」

和「ただいまー」

唯「和ちゃあああああああああああああん!!!!!」だきっ

和「わっ!」

唯「おかえりいいいいいいいい!!!」ウリウリ

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:05:19.43 ID:29TQLCvs0
和「はいはい、ただいまただいま。今からご飯作るからね」

唯「和ちゃんの可愛いお鼻は飾り?」

和「ん? ……あ、澪」

澪「こんばんは、おかえりなさい」

和「久しぶりじゃない。どうしたの?」

唯「お鼻きかせなよ~」

和「――ああ。なるほどね。ごめんね、澪。ご飯作ってもらっちゃって」

澪「いやー。私だけじゃないんだけど……」

和「じゃあ律もいるの? もしかしてムギ?」

澪「その、お猿の赤ちゃんみたいになってる和のお嫁さんが……」

和「え?」

唯「えへへー」キラキラ

和「……唯が、作ってくれたの?」

唯「うん! もうすぐりっちゃんも来るんだよ!」

和「そう。ありがと。唯」ちゅっ

566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:15:15.52 ID:29TQLCvs0
ドア「ニコ」

律「おーっす! 約束通り、7時に来たぞー」

唯「りっちゃん! いらっしゃい!」

和「いらっしゃい」

律「おお唯、和! 久しぶりな気がするなー!」

和「一カ月ぶりね。憂の時以来だもの」

律「もう一カ月経ってたのかー。時間の流れは早いもんだ」

唯「このままあっという間にお婆さんになっちゃうのかなー」

和「そんなことないわよ。時間の流れは一定で平等なんだから、何をしたっ
て、どんな過ごし方をしたって同じなの」

唯「でも、なんだか高校生の時に比べて時間が短く感じるよ」

澪「それだけ私たちが大人になったんだよ。ほら、冷めちゃう前に食べよう」

律「わーい! レバー大好きー!」

唯「そ、そのまえにトイレ!」

567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:21:39.81 ID:29TQLCvs0
――食事――

唯「ドキドキ」

和「……あーん」

唯「わくわく」

和「もぐもぐ……」

唯「じろじろ」

和「ごっくん」

唯「……どう?」

和「……」

唯「……」

澪(なんだ、この緊張感)

律(この味噌汁、澪の味がするー。幸せだなー)

澪(唯と和が見つめ合ったまま動かないぞ)

律(それにしても、澪のやつ綺麗だなー。どこ見てんだろ)

568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:26:41.73 ID:29TQLCvs0
和「……」

唯「……」ごくり

澪(見つめ合いだして5分経ったなー)

律(澪が喋ってくれない……。もしかして、私のこと嫌いになっちゃったの?)

澪(まさか、先月のカレーもこんな雰囲気だったのか?)

律(そうだ! 私が亭主関白とか気取ってたから、愛想を切らしたんだ!)

澪(唯のやつ、目が充血してる)

律(ああ……。こんなことなら、もっとラブラブしとけばよかった)

澪(和も汗かいてないか?)

律(澪、私のほう一度も見てくれないし……。決定的だ。別れの晩餐だ! こ
うなったら――)

和「お……」

唯「!?」

和「おいし――」

律「みおおおおおおおおおおお!!! 好きだああああああああ!!!」

澪唯和「!?」

569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:30:50.38 ID:H/6f0PqS0
しえん

570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:37:12.21 ID:29TQLCvs0
澪「なななな、なにすんだ! 馬鹿!」ゴチン!

律「いってええええええ!! でも、気持ちイイイイイイイイイ!!」

和「え? は? はい?」

唯「りっちゃんが今まで聞いたことない言葉を!」

律「うおおおおおおおおおおお!!! 澪おおおおおおおおお!!!」

澪「待て! 殴っても止まらないのは初めてだ! って、きゃああああ!!」

唯「澪ちゃんが床に!」

律「はぁ……ハァ……ふぅ」

和「やりきった顔だー!」

澪「なにするんだ! 馬鹿律!」

律「いや、なんか澪が私のほう向いてくれなかったから」

澪「それだけで押し倒したのか?」

律「いや、私にとっては大きな問題」

唯「嫉妬だね!」

律「そうだ、やきもちだ。ということで許せ。澪」

571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:42:44.08 ID:29TQLCvs0
澪「……もう!」

唯「それで、和ちゃん。どうだった? 私のレバニラ!」

和「美味しいわよ。美味しいに決まってるじゃない」

唯「ヤタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ ━━━━━━!!!!」

律「うわ! びっくりした!」

澪「私はお前にびっくりしたんだ!」

唯「澪ちゃん! やったよ!」ガシッ

澪「う、うん。よかったな、唯」

和「ホントに美味しいわよ。うん、やっぱり唯のご飯は一番おいしいわ」

唯「えへへー」

和「よく頑張ったわねー」なでなで

唯「ぐえへへー」

澪「私が撫でたときの100倍顔が緩んでる……」

律「私も撫でろ。馬鹿澪」

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:54:05.18 ID:29TQLCvs0
和「――ふう、美味しかったわ。ごちそうさま」

唯「お粗末さまでした。えへへ、このセリフ言ってみたかったんだー」

律「ごっそさん!」

澪「はいはい。それじゃあ唯、すぐに洗っちゃうぞー」

唯「お皿洗いー」スタター

和「……律」

律「ん?」

和「先月は、本当にありがとう」

律「なんのこと?」

和「憂のことに決まってるでしょう? 私の妹と家内が迷惑かけて」

律「あ~」

和「あの事件の所為で、仕事もクビになって、その上、マンションも追い
出されそうになったんでしょう?」

律「いいっていいって。出ていくことにはならなかったし、再就職も案外
さらっと出来たしな。集○社で編集してると、結構つぶしがきくんだよ」

和「それでも、ごめんなさい」

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 21:54:36.86 ID:GXU+fp4Z0
りっちゃんイケメンすなぁ

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:02:50.47 ID:29TQLCvs0
律「いいって言ってるだろー? 私は。いいや、私たちは自分たちがそうし
たいから、憂ちゃんを送っていったんだ。後悔なんてまったくないよ」

律「……それにさ」

和「それに?」

律「すげー、楽しかったんだよ。唯が運転して、カーチェイスしたの。久しぶ
りだった。学生時代以来だったんだ。あんなに楽しかったのは」

和「……そう」

律「私も澪もムギも、腹抱えて次の日筋肉痛になるくらいに笑ったんだ。不
思議だよな。もしかしたら、巻き込んだ人が死んでしまうかもしれない。そ
れくらい、大変なことをしているのにさ」

律「でもそれは――簡単なことだったんだ」

律「私たちを縛り付けたオトナ。私たちが抜け出せなかった常識。それを、
その瞬間、その時間だけはぶち破ってたんだからさ」

和「うん……」

律「またあんな馬鹿したいけど、常識に捉われちまった、責任を負わなきゃ
いけなくなった私たちじゃあ、もうできないんだからな。……ホント、私が男
だったらって思うよ」

和「私もよ……。そうすれば、子供を作ってその子供に、たくさん楽しいこと
を教えてあげられるのに」

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:07:29.02 ID:29TQLCvs0
律「だよな。……私が男だったら、澪も大切なベースを家に置いてくること
もなかったのに」

和「……そうね」

律「私たちは子供なんて、できないんだぜ? それなのに、毎月毎月、子供
を作れと血が出る、痛みが走る、イライラするんだ!」

和「……」

律「いい加減にしてくれよ! もう受け入れたんだ! 子供なんて、できない
ことくらいさぁ!」

和「……私だって、同じ気持ち。いいえ、私たち同性愛者はそう思ってる筈
よ。子供がいなくってもいい。そんなものは綺麗事なの」

律「そうだよ。私たちだって、二人の遺伝子を残した子供が欲しいんだよ」

和「でも、女同士(わたしたち)には、それは叶わないのよ」

律「ちくしょう……。ちっくしょう……!」

和「……律」

律「……ごめん。澪には、こんな話できないから。つい――」

和「いいのよ。私も、唯に出来ない話だから、すっきりしたわ」

律「ありがと、な」ぐしぐし

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:23:58.13 ID:29TQLCvs0
――台所――

唯「澪ちゃんは、りっちゃんのどこが好きなの?」

澪「な、ななななななななんだよ! いきなり!」

唯「だって、さっき私に和ちゃんのこと聞いたじゃん。そのお返し」

澪「恥ずかしいから言わない」

唯「あー、ずるいんだー」

澪「ずるくて結構。恥ずかしいのはなんとしても避けたいのです」

唯「フーンだ。じゃあ、帰り際にりっちゃんにちゅーしちゃおうっと」

澪「やめろぉ!」

唯「なんでー?」

澪「そ、それは……和が嫌がるぞ」

唯「じゃありっちゃん盗っちゃおうかなー」

澪「うう……。わかった! わかったよ!」

唯「にやにやー」

澪「律は、昔から私のこと守ってくれたんだ。まるで、王子様みたいだった」

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:28:02.39 ID:29TQLCvs0
唯「高校時代は澪ちゃんがロミオだったけどね」

澪「律のジュリエット、すごい可愛かった……」

唯「それでそれで? 王子様りっちゃんの武勇伝聞かせて?」

澪「小学生のころ、かけっこでビリだった私を馬鹿にした男の子がいたんだ。
それで、その男の子に、私が突き飛ばされたのを見て律が……」

唯「やっつけてくれたんだー」

澪「うん。他にも、私が初めてブラジャー着けて学校来て、みんなに馬鹿
にされたときにもかばってくれたし、律は私にとって、王子様でヒーロー
なんだ!」

唯「うんうん。りっちゃんらしねえ。澪ちゃんらしいねえ」

澪「そうかな?」

唯「そうだよ! 澪ちゃん、私から見たらお姫様みたいだったもん!」

澪「お姫様っていうと、ムギのほうがそれに近いけどな」

唯「ムギちゃんはクラリス的なお姫様。澪ちゃんは白雪姫的なお姫様かな」

澪「あはは。その喩え、いいな」

唯「でしょう? 伊達に大卒じゃあありませんよ!」フンス

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:40:54.65 ID:29TQLCvs0
――それから暫くして――

律「それじゃあ唯、ごちそうさま」

唯「またごちそうするよ!」

律「和もありがとうな」

和「私こそありがとうね」

澪「それじゃあ、そろそろ帰るよ。また今度遊びに来るな」

唯「じゃあね、おやすみ」

澪「ああ。唯もがんばって主婦するんだぞ」

ドア「ニコ」

和「……ふぅ。今日は、楽しかったわね」

唯「うん。やっぱり、澪ちゃんとりっちゃんは楽しいよ」

和「もうこんな時間。お風呂、一緒に入っちゃう?」

唯「いいの!? もっちろん! お背中お流しするよ!」

和「お願いね。私もしてあげるから」

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:42:31.63 ID:Ggbw5gPb0


580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:46:27.41 ID:29TQLCvs0
入浴のため、席をはずす。

581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 22:59:28.41 ID:U63U/BEq0
前から気になってたんだけど笑み社って何歳なの?

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:26:24.28 ID:29TQLCvs0
ただいま

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:27:14.51 ID:VfkEdy0h0
おかえりー乙カレーお腹すいたー

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:36:14.83 ID:29TQLCvs0
――浴室――

唯「ごしごしー」

和「フフ、気持ちいい」

唯「和ちゃーん」

和「なあに?」

唯「好きー」

和「私もよ。唯」

唯「これでおっけー!」

和「はい。ありがとう」

唯「……あのさ、私はお湯に浸かれないからそろそろ上がるね」

和「うん。わかった」

唯「ごめんね」

和「謝ることないわよ。女の身体でいる以上仕方のないことなんだから」

唯「うん。ありがとう。じゃあ、ベッドで待ってるね」

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:43:44.46 ID:29TQLCvs0
――夫婦の寝室――

和「お待たせ」

唯「和ー」

和「どうしたのよ。呼び捨てなんて」

唯「あのね。澪ちゃんとお話しして思ったんだ。私って、本当に子供だなって」

和「そうね」

唯「ぶー。……と。これはちょっぴり真面目な話なんだ」

和「……わかったわ。それじゃあ、聞くわ」

唯「澪ちゃんって、すごい大人でしょ。それが羨ましいの。私は憂の幸せに
直前まで気がついてあげられなかったし、強引に押し付けがましくアメリカ
に送った。それが正しいのかはわからない。ただ、私がしたかったからで、
憂の気持ちを全く考えなかったんだ」

和「でも、正しかったわよ。憂も、きっとそう思ってる」

唯「ホントは、もっとちゃんとした方法で憂とあずにゃんを一緒にしてあげ
たかったんだ。暴走行為で免許取り消しで済んだけど、もしかしたら、誰か
を巻き込んで、殺しちゃったかもしれないことを、私たちはしたんだ」

和「律も、そう言っていたわ。大変なことをしていたって」

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:48:56.06 ID:29TQLCvs0
唯「和も、そう思う?」

和「私には、なにも言えないわ。でも、唯たちがそう言うのであれば、それは
そうなのだと思う」

唯「ようするに、私は子供だったんだ。私の所為でりっちゃんたちは職を
失って、ムギちゃんも今はすごく大変で、私たちも会えないくらいに忙しい
んだよ。……それもこれも、私の所為なんだよ」

和「……」

唯「だから、私は大人になりたい。25歳になって、こんなことを思うのは変
だけど、私は――もう、間違えたくないんだよ」

和「唯……」

唯「その第一歩が、ご飯を作ること。家事も、主婦らしく全部頑張る」

和「……」

唯「憂は、すごい大変だったんだなぁ。こんな駄目駄目なお姉ちゃんのお世
話してきたんだから」

唯「憂のほうが、100倍大人だったよ。うん」

唯「ねえ、和。これからも、よろしくね?」

和「ええ。こちらこそ、よろしくね」

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:53:53.50 ID:cIiO8vJq0
猿回避パピコ

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06 /01(火) 23:57:00.04 ID:29TQLCvs0
和「……すー」

唯「和ー」

和「くー」

唯「だーいすき」

唯「……寝ちゃった」

椅子「ギシ」

ノート「ぺら」

唯「澪ちゃんに教えてもらった。真鍋唯の主婦日記。今日から書かないと」

唯「6月9日。今日は、澪ちゃんとレバニラを作りました」

唯「生理でちょっぴりお腹が痛かったけど、和とりっちゃんが美味しいって
言ってくれたので、嬉しかったです」

唯「……大好きだよ。和」

ノート「パタン」

唯「うん。これからも、頑張ろう」


                                おしまい
スポンサーサイト

Comment

 

あんたのSSって原作への愛情もリスペクトも無いよね。
ま、「追悼ごっこ」なんて厨二丸出しのチラ裏書くようなお目出度い頭じゃ期待するだけ無駄だろうけどさ。
どうせなら劇場型犯罪でもやったら?あんたの下らない自己顕示欲なんか一発で満たされると思うよ。



お前が目立ちたいためだけに世に出てる作品を使うなってことだよ。
  • posted by  
  • URL 
  • 2010.06/03 01:28分 
  • [Edit]

NoTitle 

うわぁ・・・気持ち悪い※・・・
ゆとりおつwww
  • posted by 774 
  • URL 
  • 2011.10/08 19:48分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

アクセスは分身しています

現在の閲覧者数:

読み方はえみやしろ

笑み社 ◆myeDGGRPNQ

Author:笑み社 ◆myeDGGRPNQ
VIPで活動中のSSコテ。
頑張る。
頑張らないと、いけない。


なお、リンクの希望は下のプロとも申請からかコメントでお願い。
随時受け付けている。

ツイッター

    follow me on Twitter

    最近の記事

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    52530位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    小学生
    2644位
    アクセスランキングを見る>>

    最近のトラックバック

    右サイドメニュー

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。