笑み社がブログを立ち上げたようです

2ちゃんねるのVIPでSSコテとして活動中の笑み社 ◆myeDGGRPNQのブログです。基本的に作品保管庫として機能していますが一日一回日記を書きます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯野カツオが野球を楽しむそうです

1 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 16:26:48.64 ID:R0zkjBii0 ?2BP(888)
sssp://img.2ch.net/ico/samekimusume32.gif
 ――僕の野球は 楽しむものではなかった

 勝たなければならない。

 勝たなければ 誰も認めてくれない

 勝利することへの執着
 
 勝利することへの執念

 それが僕の野球のすべてだった

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:27:30.70 ID:u5BlgjrbP
そう、すべてだったんだ・・・・


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:30:05.37 ID:vDPNUmjQ0
>>1
笑み社愛してる
監禁したい


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:30:48.68 ID:bQA8HVUH0
笑み社まってたぜ
が今から仕事だ


5 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 16:35:45.57 ID:R0zkjBii0
 ――磯野家の朝は早い。

 理由は知らないが、我が家族は皆七時には朝食を採り、各々の支度をす
る。
 朝日が眩しく、張り詰めた朝の空気が僕の体を呼び覚ます。
「兄貴。さっさとマヨネーズとれし」
 妹のワカメが焼き魚にかけるマヨネーズを請求してくる。これも毎朝起こ
る恒例行事のようなものだ。
「ワカメ、魚にマヨネーズは……」
「うっせいし。さっさと取れし」
 はいはいと零しながらワカメにマヨネーズを渡す。
 キャップを外し、容器の三分の一はあろうかという程にマヨネーズをね
っとりぎっとりと焼き魚にかけるワカメ。毎朝のことながら胸焼けがする。

「おいカツオ」

 父が僕に話しかける。
 白髪のまじった髪がふわりと揺れる。その刹那――

「高校二年になって野球をするな。
 タラちゃんのお見舞いに行け」

 そう、いつものように、言った。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:36:05.56 ID:z1ovpWE30
ま た S S か
大変期待している


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:37:28.68 ID:FXVtXfHe0
前にもたった鬱スレか


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:39:55.32 ID:nYIJzyNM0
笑み社さん厨二ノベルゲー製作での自演の件にコメントお願いします!


9 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 16:41:22.09 ID:R0zkjBii0
 僕にとって、学校とはある種天国だ。
 煩わしい家族もおらず、ただ好きなことができる空間と時間。それが僕に
とって、何よりも素晴らしいものであり、大切にしたいものだ。
「おい磯野! バトルドームしようぜ!」
 隣の席の中島が休み時間の過ごし方について提案する。
 バトルドームは腕の筋肉を鍛えるのに丁度いいと部活の監督が部に3つ購
入したおもちゃだ。否、3Dアクションゲームだ。
 中島は部内一、このゲームでエキサイティンできることでも有名で、寧ろ
このゲームで一生食べていけるほどの腕前だ。

「ああいいよ。
 それじゃあ、放課後はみっちり受けてもらうぜ?」

 今日の天気は晴れ。
 雲ひとつない、なによりも平和な春の陽気だった。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 16:42:29.68 ID:z1ovpWE30
高2でバトルドーームwwwwwwパネェw


11 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 16:45:22.54 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6020)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
笑み社また最近調子いいな


12 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 16:51:47.05 ID:R0zkjBii0
「磯野くん! はいお弁当!!」

 授業中、一瞬たりとも起きなかった僕の机が大きく揺れる。
 原因は分かっている。花沢さんが毎日作ってくれている重箱のお弁当だ。
僕の家ではある事情でお弁当も作ってはくれない。その話を聞いて、花沢
さんが気を利かせ、僕に毎日お弁当を作ってきてくれるようになったのだ。
「こ、こんなに食べられないって……」
「ぐふふふ。そうかと思って――中島くーん!」
 花沢さんが中島を呼び出す。これもお昼休みの風物詩だ。
「お。今日もありがとな花沢さん。
 ヒューッ! 旨そうな伊勢海老じゃないか!」
 中島の手が伊勢海老(まだ生きている)に手を伸ばす。その手を花沢さん
の通称マッハ突きが撃ち落とす。
「まだ駄目よ。あと一人残ってるでしょう?」
 花沢さんのお弁当を食べるのは僕と中島だけではない。
 もう一人、同じ部活の仲間であり次期キャプテンと目されている彼がい
る。
「おーい! 衛宮! 弁当食おうぜ!」


13 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 16:59:08.97 ID:R0zkjBii0
 ――衛宮士郎。我が野球部の三番バッターであり人望にも優れ、おまけに
料理がうまいという完璧超人である。
「お。今日は伊勢海老か。俺の今日の弁当は高価なものこそないがなかなか
の自信作だぞ」
「あら? それはまた興味深いわね。どれどれ……」
 衛宮がフフフと得意げな笑みを浮かべ、お弁当の蓋を開ける。

 ――それは、まるで宝石。

 衛宮の言うとおり、高価なものは入っていないがその分彩でカバーし、見
るものの食欲を盛り上げるものだった。
 それを宝石箱といわずになんと言うか。
「素晴らしいじゃあないかあ! エキサイティィィィン!!」
 中島の箸が神速の如く振るわれる。
 それに負けじと僕もマイ箸を取り出して衛宮と花沢さんのお弁当を喰らっ
た。


14 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 17:06:23.33 ID:R0zkjBii0
 ――放課後。

 授業終わりのチャイムが鳴れば、そこからは僕たちの時間だ。
 クラブバックを背負い、急ぎ足で部室へと向かう。

「チース!」
 部室のドアを勢いよく開け、テニスの王子様初期で使われていた挨拶を
威勢良くした。
 先輩も同級生も後輩も快く挨拶を返してくれる。それだけでもこの空間
が心地よく思え、急いで練習着に着替える。
 部室を出ると監督とばったり出くわした。帽子をとって大きな声で挨拶
をすると監督が肩を二回ポンポンと叩いて口を開いた。

「磯野。もういいのか? 肩」

「はい。全く問題ありませんよ」

 失礼します、と頭を下げる。

 ――本当に大丈夫だ。

 あの餓鬼の所為で壊した右肩なんて、平気さ。


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:12:16.11 ID:QUowkjNKP
罫線が3本から2本になってるのはなんで?
「自分のポリシーだから絶対に変えない」って豪語してたのに



16 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 17:16:10.56 ID:R0zkjBii0
「――おい磯野」
「なんだよ中島。球速は戻ってるだろ」
「球速は去年と変わらない。それは大したものだ」
「じゃあいいじゃないか」
 ボールを右手で弄びながら答える。
 中島が言いたいことも分かっている。僕自身、それがどうにもならないか
ら悩んでいるんだ。

「はっきり言うぞ。
 お前のこの球。衛宮だったら100球あったら100回ホームランできる
ぞ」

 ――わかってる。

 そんなことは分かっている。

 あの餓鬼の遺した傷。

 それが僕の夢を阻んでることなんて――


17 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 17:21:38.15 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6020)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
支援だよー


18 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 17:22:28.60 ID:R0zkjBii0
 練習が終わり、帰路へとつく。

 仲間たちはハードな練習から買い食いなどの寄り道はせずまっすぐ家に
帰る。しかし僕はどうしても家に帰りたくなんてない。故にコンビニで雑
誌を立ち読みしたりして時間をつぶし、夜10時ごろに家に帰るのだ。

「カツオ!! また遅くなって!! もうご飯はありませんよ。タラちゃ
んが食べちゃったわよ」
「兄貴遅すぎだし。カオリさんに言うよ?」

 妹と姉のツープラトン文句。
 二人の言っているコトは矛盾だらけだ。

 タラヲは病院で一年間意識不明で眠ったまま――

 ――そして、カオリちゃんは二年前、バイク事故で死んだのだから。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:25:12.66 ID:lXYPlQfnO
タラヲしね


20 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 17:26:44.89 ID:R0zkjBii0
少し休憩。

>>35まで。


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:28:54.63 ID:lXYPlQfnO
加速


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:32:07.17 ID:8CtXHVc90
ksk


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:32:07.51 ID:aFpTj1BBO
そして加速する


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:32:08.49 ID:iMAGC2dT0
笑み社ーノシ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:45:29.37 ID:vyKRMpi9O
かそく


26 :おっかけ:2009/05/15(金) 17:47:32.84 ID:/KTqD62wO
支援――――しない――――


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:56:47.23 ID:8CtXHVc90
支援


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 17:59:42.67 ID:VqOBkPil0
ksk


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 18:00:43.44 ID:VqOBkPil0
ksk


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 18:06:01.65 ID:VqOBkPil0
ksk


31 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:06:35.76 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
ksk


32 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:07:49.05 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
ksk


33 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:09:02.55 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
ksk


34 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:10:23.84 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
ksk


35 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:11:36.81 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
ksk


36 :湖の岸 ◆LANCE//8aY :2009/05/15(金) 18:13:35.71 ID:BuTrKFCV0 ?2BP(6100)
sssp://img.2ch.net/ico/u_ocha.gif
       ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい>>1
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |



37 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 18:15:50.97 ID:R0zkjBii0
「今日もカオリさんがかっけえコトしてたし」

 部屋に帰れば、妹の今は亡き先輩の自慢話だ。楽しそうに話して
はいるが妹は学校ではいじめられっ子で毎日上履きで家に帰って
くる。その悲しみをカバーしようと、憧れのカオリちゃんの武勇伝
を創作し、僕に聞かせる。
 まるっきり狂っている。
 その眼は焦点が合っておらず、ただカオリちゃんの在りもしない
武勇伝を語るだけの機械となり果てている。
「――あ、どこに行くし」
「トイレさ」
 聞いていられず、トイレに逃げる。
 トイレという密室でなら、僕は安心できる。一人になれるのだ。

 ――安心。
 そんなコトは在り得ない。

「タラちゃん……マグロのお刺身だよ……」

 トイレの前。人形にマグロの刺身を食わせようとしてる姉がそこ
にいるのだから。


38 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 18:25:24.44 ID:R0zkjBii0
「やめてくれ!」
 思わず、叫んだ。
 
余りにも見るのがつらかった。
 余りにも見るのが苦しかった。
 余りにも姉が哀れすぎたから。

 大声で。
 あの事件以来。初めて家で大きな声をあげた。


39 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 18:27:58.64 ID:R0zkjBii0
「どうしてかつお」
 その顔は、まるでゾンビだ。
 血色も悪く。表情もない。
「――」
 口が開かない。
 のどが、凍る。
 結果、声が出ない。
「どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして
どうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてど
うしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどう
してどうしてどうしてどうしてどうしてどうしてどうして」
 姉の顔が眼前に。
 紫色の唇。
 それが高速で動き、僕に言葉をかける。否、それは言葉ではなく
呪詛だった。

「たらちゃんはここにいるだからごはんたべさせるわるいのわるい
のわるいのわるいのわるいの? それがわるいのかきいてる。どう
してどうしてどうしてどうして」

 ――僕は、涙が、こぼれた。


40 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 18:38:46.48 ID:R0zkjBii0
 次の日の朝も同じ。
 狂った家族と狂った朝食。

「あのさ、お父さん。今週練習試合があって――」

「うるちゃい!! タラちゃんのお見舞いに行かぬ者が試合なんぞ!
 下らん!!」
「お父さん! タラちゃんは部屋にいます!」
「創価。すまんなサザエ」
 ――狂ってる。
 
無機質。
 無意味。
 無価値。

 こんな空間。一秒も長くいたくない――そう思い、急いで学校へ
と出かけた。


41 :九条 ◆3IZbCy0m.Y :2009/05/15(金) 18:47:27.84 ID:SekbL3SnO
>>8
笑み社のマネージャー九条です。
あれは全て笑み社を妬む輩が行ったことであり、笑み社とは一切の関係はありません。


42 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 18:49:30.66 ID:R0zkjBii0
「それじゃあ、今週の練習試合のスタメンを発表する。
 一番ライト――」

 練習が終わり、今週の日曜日。つまり明後日行われる明訓高校と
の練習試合の先発メンバーが発表された。
 明訓高校と言えば全国でも最強とも言われ、さらに今年は監督が
土井垣という昨年までキャプテンを務めていた男になり、山田太郎
を中心とした歴代最強のチームとなっているらしい。
 無論、そのチームを抑えるのはこの中では僕しかいない。

「九番、ピッチャー。
 ――山内」


 ――筈だった。


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 18:54:37.18 ID:lXYPlQfnO
うあぁあぁあぁあぁあ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 18:56:33.17 ID:kQHy8MC60
笑み社がんばってる
ぎゅーしてあげよう


45 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:03:05.19 ID:R0zkjBii0
「まあ、今回は仕方ないよ。夏の大会には間に合わせようぜ」
「――」 
 確かにそうだ。
 今回はあくまでも練習試合。甲子園行きの切符を争う予選大会で
はないのだ。そういった意味で、今回は僕以外の投手に投げさせる
というのは納得がいく。
「うん。中島は山内の球受けてやれよ。僕は城島に受けてもらうか
らさ」
「オーケー。それじゃあ頑張れよ」

 にこりと笑みを浮かべ、中島は山内との練習に合流した。
 
 一度だけ、息をついた。
 家の中は狂気の国。そして、今回の試合は先発ではない。少しス
トレスを感じるが仕方のないことなのだ。
「さてと、城島――」
 僕と同じく控えの城島を呼ぼうとした。
 しかし後ろから「おい」という声がして、その声のする方へ振り返った。

「なあ磯野。俺と勝負しないか?」

 クラスでは見せない真剣なまなざし。
 衛宮士郎がそこに立っていた。


46 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:15:45.06 ID:R0zkjBii0
 ――ルールは簡単。

 たった一打席で勝負が決する。
 その一打席を抑えれば僕の勝ちで――
 その一打席を打たれてしまえば僕の負け。

「でも――」

 打たれる。
 そんなことは分かっていた。
 衛宮だって、そんなことは分かっている筈なのに。

「強化――開始――」

 その眼は、その雰囲気は本気で僕の球を打とうとしている眼だ。
まるで敵を見るかのようなその眼は衛宮の家にいるアーチャーさ
んによく似ていた。

「もう、どうにでも――なれ!」

 渾身の力を込めた第一球。小細工なしの直球。

 それを――

 衛宮の両手に握られたバットが捉え、遥か彼方へと飛来する。
 見なくとも分かる。

 ――僕は、負けたのだ。


47 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:28:35.79 ID:R0zkjBii0
 家に帰れば狂気に満ちた世界。

 限界が、すぐ側に来ていた。

「サブちゃんのところに行こう」

 三河屋へ行けばアレがもらえる。
 今まで断ってきたが、もう限界だ。


48 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 19:31:13.59 ID:LcKqC+jXO
なんとまぁ


49 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:34:51.05 ID:R0zkjBii0
「やあカツオくん!」
「――」
 以前サブちゃんから貰った引換券をちらりと見せる。それだけで
サブちゃんの表情ががらりと変わり、店の奥に僕を連れていった。

「とうとう来たね。
 ようこそ、男の世界へ」

 錠剤を渡される。
 10個で1セットのスタンダードな錠剤を5セット。俗に言う
麻薬だが、今の僕はこれに縋るしか方法はない。
「早速飲んでいきなよ! はい水」
「――」
 一瞬。躊躇した。
 しかし僕にはこれしかない。
 もうこれ以外。地獄を忘れる術は僕には残っていない。

 故に、飲んだ。

 人間を、辞めた。


50 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 19:40:15.88 ID:LcKqC+jXO




51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 19:43:19.88 ID:tbCXE7uqO
笑み社さんキタワ


52 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:45:44.14 ID:R0zkjBii0
 ――壊れていく。

 人としての常識が。

 人としての理念が。

 思考が上手く回らない。

 野球も下手になっていった。

 それでも、そのストレスから逃げたい故に薬を飲んだ。

 そうすれば、また壊れる。

 それが――負のスパイラル。


53 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 19:53:49.93 ID:LcKqC+jXO
支援


54 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 19:55:05.08 ID:R0zkjBii0
「ねえ磯野くん。お弁当食べよ」
 ――うるさい。
 せっかく眠っていたのに、この女は本当に厭になる。

 死んでしまえばいいのに。

「なあ磯野。練習で疲れてるのはわかるけど飯は食えよ」
 ――うるさい。
 せっかく眠っていたのに、この男は本当に厭になる。

 死んでしまえばいいのに。

「どうしたんだ磯野。ほら、セイバーが作ったおにぎりやるから元気出せよ」
 ――うるさい。
 せっかく眠っていたのに、この男は本当に厭になる。

 殺してしまいたい。

 コロシテシマイタイ――

「――。
 みんな、ちょっと待っててくれ。遠坂呼んでくる」

 あの男がなにかを言っているが気にしない。

 ――もう、ガマンハイヤダ。


55 :こなほて ◆KONATA/tR2 :2009/05/15(金) 19:59:18.47 ID:YkZchpqfO
支援


56 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:04:58.87 ID:LcKqC+jXO
支援



57 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:05:25.15 ID:R0zkjBii0
 ――もう何もわからない。

 僕の右手が中島の顔面を殴打していても。

 僕の右足が花沢さんを蹴り倒していても。

 その体を衛宮が必死に抑え込もうとしていても。

 遠くで何もしない、何もできないと遠坂さんが見ていても。

 僕は、なにも、知らない。


58 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:10:24.28 ID:R0zkjBii0


















59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:13:19.65 ID:uOrWCrXi0
コテだらけになってきたな
が別にかまわん支援


60 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:17:07.45 ID:R0zkjBii0
 ――目が覚めると、そこは知らない天井だった。

「目が覚めたか」
 無機質な声。
 まるで、機械音のような声。

「磯野カツオ。目が覚めてすぐに悪いんだが質問があるんだ」
 目が霞んでしまって見えない。しかしこの声はきっと知らない声
だ。
 知らない声は恐ろしい。体が動かないことがさらに恐怖を助長さ
せる。
「首を縦に振るか横に振るかだけでいい。
 まず一つ目。薬はどこから仕入れたのかなんだが、東天宮寺三郎
からか?」
 嘘はいけないことだ。
 それは昔から父にきつく言われたこと。故に正直に首を縦に振っ
た。
「わかった。じゃあ二つ目。
 アンタ、右腕に感覚はあるかい?」
 ミ、ギウデ?
 ――ああ。あるさ。あるに決まっている。
 これもまた、首を縦に振った。

「――プハッ! お笑いものだなおい!! いいかい? 落ち着
いて聞けよ野球少年。てめえの右腕、もう使い物にならねえよ」

 ――意味が分からない。

 意味が、わからない。


61 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:22:42.15 ID:LcKqC+jXO
支援


62 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:23:32.47 ID:R0zkjBii0
少し休憩

>>75まで。


63 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:23:48.21 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
ksk


64 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:23:50.69 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
ksk


65 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:23:53.03 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
ksk


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:25:37.31 ID:uOrWCrXi0
ほっほー


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:29:21.95 ID:UJjaV8+8O
ksk


68 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:33:17.69 ID:LcKqC+jXO
ksk


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:34:11.15 ID:sSqNCjCA0
ksk



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:36:27.22 ID:yTJ3l4AC0
ksk


71 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:36:53.16 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
つづきがきになる


72 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:37:02.12 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
きがしないでもlない


73 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:37:13.69 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
いやでもそこまできたいするほどでもない


74 :ヴぁぶ ◆Eternitywc :2009/05/15(金) 20:37:20.13 ID:uJisaeR60 ?BRZ(10240)
sssp://img.2ch.net/ico/taxi.gif
うーん


75 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:39:11.07 ID:LcKqC+jXO
kskちんこ


76 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:41:41.17 ID:R0zkjBii0
 右腕がない。
 右足もない。

 僕の総てであった、投手の命を総て失った。
 もう野球どころではない。社会復帰も難しいと医者に言われ、薬
物検査で陽性が出たことから病院で入院させられた。

「なんのせいだ誰のせいだ……」
 うわ言のように繰り返す。
 まるで宇宙をふわふわと浮いているような感覚。
 現実を受け止められない。
 目を覚ませばいつもの楽しい学校生活が待っていると思って床
につき、朝目覚めると絶望する。そんな生活。
 
 誰が悪いのか。
 否、もうそんなことはどうでもいい。

 目の前のテレビに、僕の学校が映っている。校長先生と監督が頭
を下げている。
 別に僕には関係ない。そう思って消した。
 こんな人生を望んだのは誰だ?


77 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:42:28.23 ID:LcKqC+jXO
あーあ


78 :こなほて ◆KONATA/tR2 :2009/05/15(金) 20:43:37.01 ID:YkZchpqfO
支援


79 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 20:48:41.30 ID:LcKqC+jXO
支援


80 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 20:50:32.68 ID:R0zkjBii0
 壊れた幻想と共に、僕は心を閉ざした。

 誰も面会になんて来ない。
 中島も花沢さんもあの時、僕が殺してしまったのだ。
 家族は僕なんていないものだと思い、あの餓鬼の見舞い。
 衛宮は僕の暴走の際、投影魔術といわれるものを使ったため、セ
イバーさんと遠くへ行ってしまった。

 僕が、壊した。

 誰が、壊したのか。

 そんなのは決まっている。

 フグ田――タラヲだ――


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:51:37.19 ID:SYk6GAB80
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1242380355/
>>1にマジオススメスレ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:53:00.91 ID:5lK1DuEG0
フェイト分からねが、おもろい


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 20:58:39.95 ID:EdED4QypO
追いついた・・・ だと・・・




84 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 21:00:27.10 ID:R0zkjBii0
 そうして、数十年たった。

 僕は娑婆に出てきてあるところに向かっている。

「殺す。
 殺す。
 殺す――!」

 その一点のみを思って生きてきた。

 帰る家なんてない。
 父と母は老衰で死んだ。
 マスオさんは会社をクビになった後は失踪したらしい。
 姉は未だに家で人形に刺身を食べさせている。
 妹は歌舞伎町で危ない仕事をしている。
 つまり、僕は独りだ。

 孤独――これが最強だ。

 失うものがない。
 まさに捨て身でことを進められる。

「でーす」

 呼吸音にまであの口調を混ぜる餓鬼。
 

 死ね。

「DEATH!!」


85 :Captain武蔵 ◆Captaina.2 :2009/05/15(金) 21:08:08.63 ID:LcKqC+jXO
タラヲか


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/05/15(金) 21:14:59.85 ID:yATy3aDz0
書き駄目手からやれよカス


87 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 21:15:13.84 ID:R0zkjBii0
Epilogue

 夢か。

 幻か。

 僕が、甲子園で野球をしている。

 その表情は修羅のようで。

 その表情は楽しそうだった。

 プロ野球選手になって、新球団を優勝させている。

 あれが、僕がなるはずの僕。

「これが磯野カツオがプロ野球選手になるそうです、てか」

 そしてこれが――


磯 野 カ ツ オ が 野 球 を 楽 し む そ う で す
                  It flows to the parallel world.


88 :笑み社 ◆myeDGGRPNQ :2009/05/15(金) 21:20:28.41 ID:R0zkjBii0
終わった。




終わった。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2009.05/16 11:37分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

アクセスは分身しています

現在の閲覧者数:

読み方はえみやしろ

笑み社 ◆myeDGGRPNQ

Author:笑み社 ◆myeDGGRPNQ
VIPで活動中のSSコテ。
頑張る。
頑張らないと、いけない。


なお、リンクの希望は下のプロとも申請からかコメントでお願い。
随時受け付けている。

ツイッター

    follow me on Twitter

    最近の記事

    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    日記
    48024位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    小学生
    2572位
    アクセスランキングを見る>>

    最近のトラックバック

    右サイドメニュー

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    QRコード

    QRコード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。